WordPressのレンタルサーバー比較【おすすめは2つだけ】

2019年8月15日

こんぺい

はいどーもー、こんぺいです~

今回の記事はこんな人にオススメです‼

 

「独自ドメインのWordPressでブログ始めたいんだけど、レンタルサーバーはどこにするのがいいのかな?無料じゃなくてもいいから、高性能なところがいいんだけどな~」

 

こんぺい

先に結論を言うと、国内おすすめレンタルサーバーは “エックスサーバー” か “ミックスホスト” の2択ですね!

そしてこの記事を読むことで下記が理解できますよ!

 

  • レンタルサーバーを選ぶ際のチェックポイント
  • エックスサーバーとミックスホストのスペック比較
  • 無料レンタルサーバーでアフィリエイトはやめておきべき理由

 

レンタルサーバーを選ぶ基準とは

レンタルサーバーはどこにしようかな~?という人は、”はじめてブログを運営する” 場合が多いですよね。てことは、レンタルサーバーの知識とか選ぶ基準もよくわからないと思うので、この記事では初心者の方が読んでもしっかり理解できるように説明をしていきます\( •̀ω•́ )/

 

早速ですが、レンタルサーバーを選ぶ際の基準は3つあります。

  1. MySQLデータベースがある
  2. 知名度と人気がある
  3. 無料SSLに対応している

 

エックスサーバーとMixHostはこの基準をクリアしてます。

それでは1つずつ見ていきましょうタタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

 

1.MySQLデータベース

MySQLデータベースを簡単に言うと、サーバーにこのMySQLデータベースを置くことで、データ取得や更新ができるもののことです。イメージとしてこんな感じ↓↓↓

“WordPress使用可” となってる場合はデータベースがあるということなので、あまり深く考えなくてもOK。

 

そして次に重要なのが、「データ転送量」です。このデータ転送量が多いと、アクセスが集中してもサーバーがダウンしません。

一日の転送量が50GB以上あれば問題なく使うことができます。

ですので、データ転送量が多いこともハイスペックなレンタルサーバーの基準の1つになります。

 

そして最後は「表示速度」です。表示速度が遅いと訪問ユーザーとSEOによくないっす。CPUやキャッシュ処理などで高速化を図っているレンタルサーバーでないとダメです。

 

2.知名度・人気が高い

初心者の方がレンタルサーバーの契約をするとなると、はじめはわからないことが多いかと思います。

そんなとき知名度や人気のあるレンタルサーバーなら、ググった時に知りたい情報が一発で手に入ります。

知名度で言えば圧倒的にMixHostよりエックスサーバーのほうが高いっすねΣd(´∀`)イイ!

 

3.無料SSL対応

SSLというのは、ドメインが「https」から始まるURLのことで、セキュリティを向上させるための施策になります。

2017年8月にGoogleが「httpからhttpsに変更するように」と警告したことによって、SSL化しないとSEOに悪影響をおよぼすと考えられてます。

httpでもサイトは運営できますが、SEOとセキュリティのことを考えると無料SSLが利用できることはレンタルサーバー選びの大きな基準の1つです。

 

エックスサーバーとミックスホストを比較

エックスサーバーとMixHostのどちらがおすすめかと言いますと、

  • 検索したときの情報量の多さを重視→エックスサーバー
  • 料金が安いことを重視→MixHost

 

という選び方になります。それぞれのサーバーの特徴を見ていきましょう!

 

エックスサーバーの特徴・料金プラン

レンタルサーバーの費用に関して何の問題もない方は、絶対エックスサーバーがおすすめです。

 

個人ユーザーだけじゃなく企業サイトでも、月間50万PVくらいなら月額1,000円(1,000円×12ヶ月契約)の「X10プラン」でまったく問題なく安定して使うことができます。

 

もちろん無料SSL対応しており、ディスク容量は200GBで自動バックアップ機能もついています。

 

大手人気レンタルサーバーだけあってサポートもしっかりしており、電話なら平日10~18時、メールなら24時間365日、年中無休でお問い合わせが可能。さらに返信も早いと定評があります。

 

 

また、今だけ10日間無料お試しキャンペーンを実施してるので、使ってみてイイ感じならそのまま契約するのもアリ。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

MixHostの特徴・料金プラン

マナブログのマナブさんも推奨する、彗星のごとく突然あらわれたのが、クラウド型レンタルサーバーのミックスホストです。

 

ハイスペックでありながらとにかく格安で、スタンダードプランは月額880円から利用することができて初期費用も0円。

 

無料SSL対応していて、表示速度がめちゃ速く、ディスク内容量は150GBもあります。

150GBもあれば月間アクセスが50万PVを越えても全然ヨユーです。

また、一日のデータ転送量は2TBなので安心しかありません。

 

そしてミックスホストも今だけ10日間無料で使えるキャンペーンが実施されてます。

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

 

当ブログも先日レンタルサーバーをロリポップからMixHostに移行しました

当ブログはずっとロリポップで運営していましたが、無料SSLが非対応だし、バックアップも数百円ですが払わないといけないなど、いろいろと使い勝手が悪かったので先日ミックスホストに乗り換えました。

 

ロリポップレンタルサーバーは使い勝手が悪いという評判と、SSL化しないとSEOにあまりよろしくないので「早く移行しないとなぁ」と思いつつ、引っ越し後のSEOの引継ぎが億劫でなかなか行動に移せませんでした。

 

しかし、今後のことを考えるとSSL化は必須なので、ようやく重い腰をもちあげたわけです。

 

引っ越し後のメンテナンス(アナリティクスとサーチコンソールを更新)はググりながら進めていくことを考えると、ググったときの情報量が多いエックスサーバーがいいかもしれませんよ。

 

アフィリエイトは無料レンタルサーバーでやらないほうがいい理由

無料レンタルサーバーでは、そもそもWordPressが設置できなかったり、スペックが低かったり、何かと使い勝手が悪かったりします。

 

そして一番いただけないのが、自動広告が入ることです。

 

自動広告をクリックされると、もう二度と自サイトに帰ってきません。サイトアフィリエイトにアドセンス広告を貼らないのも同じ理由です。

 

また、アクセスが集中したときにサーバーが落ちてしまうと完全に機会損失でしかないので、ガチのアフィリエイターを目指すのであればレンタルサーバーはちゃんとしたものを使ってね(o´ω`o)ぅふふ

 

まとめ

まとめ レンタルサーバーを選ぶ基準は、

  • 知名度・人気がある
  • ハイスペック
  • 無料SSL対応

WordPressに向いているレンタルサーバーは、

  • エックスサーバー
  • ミックスホスト

 

ということで、今回はこのへんでおしまいです。

最後までありがとうございました(人∀`●)

 

『アフィリエイト完全マップ』と『SEO対策完全マップ』もあわせて読んでみてね~~