SNSを集客ツールとして使ってビジネスを加速させる

2019年9月27日

 

こんぺい
こんぺい
はいどーもーこんぺいです。
こん師匠
こん師匠
こんぺいはSNSやってんの?
こんぺい
こんぺい
やってますよ。TwitterにInstagramにFacebookのアカウントを持ってます。
こん師匠
こん師匠
けっこうやってんねんな。で、集客のツールとして使ってんのはどれなん?
こんぺい
こんぺい
集客???なに言ってるんですかこん師匠。SNSは近況報告をするものですよ???
こん師匠
こん師匠
あいたたたー。なんちゅうもったいないことしてんねん。今やガキンチョからおっさんまでやってるSNSを集客に使わんでどうすんねん。あいたたたー。
こんぺい
こんぺい
そのあいたたたー。っていうのヤメてください!そこまで言うなら教えてくださいよ!
こん師匠
こん師匠
ほな、今日はSNSで集客するやり方を教えたるわ。
こんぺい
こんぺい
あざーっす!

この記事でわかること SNSで集客する方法

読ませるテキストの書き方

 

Instagramで集客する方法について解説した記事もありますので、よろしければそちらもどうぞ ^^) _旦~~

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

SNSを集客ツールとして使ってビジネスを加速させたいなら、テキストの書き分けが必要

SNSによって一度に投稿できる文字数が異なります。そして、SNSによってテキストを書き分ける視点について。

Twitter

Twitterの最大文字数は140文字ですが、だからといって目一杯に書いてしまうと、とても文字数が多く感じてしまいます。短いに越したことはありません。

また、Twitterの場合、同じ文章でも絵文字などを工夫して使うと視認性が高まります。

 

Facebook

Facebookの最大文字数は6万文字です。もちろん、Twitter同様に文章は短いほうがいいです。文字数が多く、全文が表示されないときにもっと見るを押すと全文読むことができますが、それを押させない文字数にすることが重要。

Twitterと異なり、Facebookは公式性が高いので絵文字などを多用すると浮いた印象になるので、注意が必要です。

 

Instagram

インスタグラムの最大文字数は2200文字になっています。しかし、インスタグラムでの文字というのは、写真の「キャプション」の位置づけでしかありません。あくまでもメインは写真で、文章は写真の説明にあたるものと考えてください。

文章そのものより、#(ハッシュタグ)の入れ込み方が重要。

 

語尾の重複禁止

読みやすい、見やすいテキストを書く上で大切なことは、読み手にとって心地よいリズムをテキストに持たせることです。

同じ語尾の繰り返しをやめることで、テキストに心地よいリズムを持たせることができます。

 

~です。~です。~です。

 

といった具合に同じ語尾が連続すると、単調になり読みづらくなります。

体言止め(~な○○)、時制(過去形、現在形を取り混ぜる)、否定形(~なのは言うまでもありません)などをうまく織り交ぜることで、テキストに抑揚と緩急が生まれ、伝えたいポイントを明確にすることができます。

つまり、文章を構造化することができるのです。

例を挙げると、

 

NG

今日は最高気温が2度です。

今夜から雪の予報です。

こんな夜こそ、

○○社の「ホットマット」がオススメです。

 

OK

今日は最高気温が2度。

今夜から雪になるかもしれません。

こんな夜こそ、

○○社の、「ホットマット」がオススメですよ♪

 

どうですか?NGのほうはリズムが単調になって、内容があまり入ってきません。

一方、OKのほうは文章の文末にバリエーションがあってテンポがいい。

また、最初の2行の情報が理由となって、3行のオススメに説得力が生まれ、格段に印象深くなります。

 

漢字40、ひらがな60

SNSで書かれる文章は、「面白そうだな」と思われたときだけ最後まで読んでもらえる文章である必要が常にあります。

文面をパッと見て難しい表現や漢字があると、ユーザーはそこでもう読む気を失います。

それを避けるためには、漢字の使いすぎに気をつけないといけません。

 

漢字が多い文章はフォーマルで硬い印象、ひらがな・カタカナが多い文章はやわらかく優しい印象になります。

ユーザーの「共感」を得るためのSNSなので、親しみやすさを1番に考えたいところ。

そして、テキストに占める漢字の割合は4割が上限と考えます。

 

文体に関しては「ですます調」で問題ありませんが、「書く」ではなく「話しかける」という感覚が必要になってきます。

上から目線はもちろんNGですが、へりくだりすぎても逆に親しみやすさが薄れてNGです。

常にユーザー目線を心がけましょう。

 

例を1つ挙げると、

 

NG

来る8月6日はお台場でファン感謝パー

ティーが開催決定。楽しいイベント盛り

沢山です。是非この機会に来て下さい。

 

OK

きたる8/6はお台場でファン感謝パー

ティーです。楽しいイベント盛りだくさん。

ぜひこの機会に来てください~。

 

さらにSNSごとの特性によっても使い分けが必要。

Twitterのように若年層ユーザーが多いSNSなら、よりくだけた親しみやすい雰囲気を演出するため難しい漢字は避けるべき。

いずれにしても、ユーザーは難しい漢字が出てきたら、そこで読むのをやめてしまう

と、常に心掛けてください。

スポンサーリンク

”読ませる”というより、視認性を高める

 

SNSマーケティングでは、テキストの内容もさることながら、テキストの視認性がとても重要になります。

英語のアルファベットや、日本語のひらがななどは、文字の「最初と最後」さえ認識できれば、文字がでたらめでも文章の意味内容を把握できると言われています。

どういうことかと言うと、

 

わしたは げんき です。 この ぶんょしう は いりぎす の

ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげ

は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の

もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも

ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと

もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。

 

どうですか?決して正しい日本語ではないのに、読めてしまいますよね?

画面をスクロールしながら閲覧されるウェブコンテンツでは、最初から最後まで読み進めるのではなく、パッと見で理解していることが多いのです。

SNS投稿ページはもちろんウェブコンテンツなので、「読んでもらう」のではなく、「見てもらう」ことを意識して書くと、読みやすくてわかりやすい文章になります。

 

まとめ

 

まとめ 語尾の重複禁止
ひらがな60:漢字40
読ませるのではなく、視認性を高める

今回も難しいテクニックではなく、少し意識するだけで実践できるものだけを紹介しました。

アクセス数というのは、ほんの少しのことを変えるだけで増えることもありますが、減ることもあります。

 

自分のSNSが伸び悩んでいるなら、一度今回紹介したテクニックやコツが使えているか、あてはまっているか確認してみてください。

ではでは、今回はこの辺で失礼します。

最後までありがとうございました(#^.^#)

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク