【内部リンク最適化】SEOに効果的な貼り方とは

こんぺい

はいどーもーこんぺいです~

今回の記事はこんな人にオススメです‼

 

内部リンクってなんのこと?

内部リンクを最適化したらどんな効果があるの?

SEO効果の高い内部リンクの貼り方を知りたい人

 

ホワイトハットSEOについては下記を参照ください~~

ホワイトハットSEO戦略とは?今すぐ出来るSEOテクニック

 

 

内部リンクとは?どんなSEO効果があるのか

内部リンクとは “内部SEO対策” の1つで、関連性のある記事と記事をリンクでつなぐことを言います。

内部リンクの最適化は “内部施策” の中でもっとも重要度の高いSEO対策です

 

では、記事と記事をリンクで繋ぐとなんでSEO効果がアップするのか?その理由は “2つ” あります。

 

  1. ユーザーの利便性が向上し、直帰率が下がることで間接的なSEO効果があるから
  2. Googleクローラーの回遊率がアップするため、一度のクロールでたくさんの情報を持って帰ってもらえるから

 

くわしく説明しましょうタタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

 

1.  ユーザビリティが向上する【間接的なSEO】

ユーザービリティとはユーザーの利便性のことです。関連性のある記事をリンクで繋いで設置してあげると、ユーザーはスムーズに次の記事を読み進められます

 

『次の記事を読んでもらえる=直帰されなかった』ってことなので、間接的なSEO効果があります。

なぜ直帰率は低いほうがいいのかと言えば、Googleは “直帰率が高いということは情報量が少ない、もしくは記事の質がよくない” と判断するから。

 

また、特化ブログは雑記ブログより内部リンクを設置できる数と、次の記事を読んでもらえる可能性が高いっす。

 

2.クローラーの回遊率があがる【直接的なSEO】

Googleクローラーはサイト情報を集めるために、リンクをたどってサイト内を回遊します。その集めた情報をGoogleに持って帰ると、サイトがGoogleにインデックスされるんです。

 

そして、クローラーは1度のクロールで全ページをクロールしてくれるとは限りません

ところが内部リンクを張り巡らせて記事と記事をつなげておけば、1度のクロールで多くのページを回遊させることができますε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ

 

インデックスまでの流れがこちら↓↓↓

  1. 関連性のある記事を内部リンクでつなぐ
  2. クローラーはリンクをたどって回遊するので、内部リンクが張り巡らされてると1度のクロールで多くのページをクロールさせることができる
  3. クローラーが持ち帰る情報が多いとそれだけ早くインデックスされる(直接的にSEOがかかる)ので、結果としてインデックスされやすいWebサイトを構築できる

 

効果的な内部リンクの貼り方

 

内部リンクの貼り方は大きく “3つ” あって、

  1. aタグのアンカーテキスト
  2. ブログカード
  3. デザインをカスタムしたaタグのアンカーテキスト

 

よく使われてるのは “1” のaタグアンカーテキストで、SEO的に一番いいと言われてますけど、実際のところは不明(;´-`)…。

では3つの貼り方を深掘りしてみましょう~~

 

1.aタグアンカーテキスト

aタグアンカーテキストとはこんなやつです↓↓↓

 

【SEO重要度SSS】被リンクとは?チェック方法と増やす方法

 

テキスト部分を見るだけでリンク先のページ情報がわかる必要があるんで、リンク先のページタイトルをそのまま使っとけば間違いありません。

 

2.ブログカード

ブログカードとはこんなやつです↓↓↓

 

 

ぼくはブログカードはあんまり使わないですが、使い方として “絶対にクリックしてほしい!” ときにブログカードでアピールします。

 

また、1つの記事内に “アンカーテキスト” と “ブログカード” を使うのは問題ありませんΣd(´∀`)イイ!

クリック率を上げるためにどっちも設置してるサイトをけっこう見かけます。

 

3.aタグアンカーテキスト(カスタムデザイン)

カスタムデザイン加工したアンカーテキストがこちら↓↓↓

 

アフィリエイトを効率化できるおすすめ便利ツール13選

 

当ブログで採用してるやつで、CSSをいじくってデザインを変えてます。ノーマルのアンカーテキストより目立つので、 “リンクが設置されてるな” って気づきやすいっす。

 

アンカーテキストのデザインを変更するCSSは、下記サイトを参照くださいませ~~

こぴぺっと

 

 

内部リンクおすすめな設置方法

皆さんにも是非マネして欲しいおすすめの内部リンク設置場所と設置方法が3つあります。

  1. 過去記事リライト時
  2. 成約ページ
  3. カテゴリーとカテゴリー内の個別記事

 

1つずつ説明していきます-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つアヒャーリ

 

1.リライト時

リライトを試みるときって、その記事を書いたときより記事数が増えてますよね。なので、関連性のある記事も1,2本はあるハズ。

 

過去記事リライトだけでもSEO効果はデカいのに、そこへ内部リンクが加わることで “ものごっつSEO” がかかります(´、ゝ`)ニヤリ

 

リライトの方法がわからない方は下記を参照くださいませ~~

SEO効果のあるブログ記事リライト方法【5つのテクニック】

 

2.成約ページにリンクを送る

内部リンクには “一方から送る” のと “両方から送りあう” の2パターンがあります。

SEOが強化されるのは『送り先のページ』つまり、受ける側ですね。

両方から送る場合は、どっちのページもSEOが強化されます。

 

商品の成約などの収益が発生するポイントがあるページに向けて内部リンクを送ることで、SEOが強化され上位表示しやすくなります。

成約ページについては下記記事でくわしく解説してますよ~~

成約までの距離が近い”検索キーワード”の見つけ方

 

3.カテゴリーとカテゴリー内のページを繋ぐ

カテゴリーとカテゴリー内のページを繋ぐ “目次” の役割を果たすページを作り、内部リンクで繋ぐことでカテゴリーのSEOが強くなります。

目次と記事を繋ぐ内部リンクはお互い送りあってください。

また、SEOに強いサイト構造というのもあるので、くわしく知りたい方は下記記事を参照ください(。・ω・。)ィェィ♪

【内部seo】サイト構造を最適化!ディレクトリ設計図の作り方

 

まとめ

まとめ

内部リンクで関連性のある記事同士を繋ぐとSEO効果がある

SEO効果は間接的なものと直接的なものがあり、

  • ユーザーの利便性が向上することで直帰率が下がる【間接的SEO】
  • クローラーの回遊率を上げることでインデックスが促進される【直接的SEO】

内部リンクの貼り方は3つあり、

  • アンカーテキスト
  • ブログカード
  • アンカーテキスト【CSSでデザインカスタム】

おすすめ内部リンク設置方法が3つあり、

  • 過去記事リライト時
  • 成約ページ
  • カテゴリーとカテゴリー内の個別記事

 

てことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

アフィリエイト完全マップ&SEO対策完全マップもあわせてどうぞ~~