ブログの文字数とSEOの関係について【2019最新版】

2019年9月29日

こんぺい

はいどーもーこんぺいです~

今回の記事はこんな人にオススメです!

 

「ブログの文字数が少ないとやっぱり上位表示できないのかな~?ちょっとまえに長文SEOってのもあったくらいだからなぁ。」

 

こんぺい

結論を先に言うと、文字数による直接的なSEO効果はありません!

“文字数が多い=上位表示”

“文字数が少ない=上位表示できない”

みたいなことではないんで、このへんも含めてブログ文字数とSEOの関係を深掘り解説していきます!

 

 

 

ブログ記事の文字数には何のSEO効果もない

 

文字数によるSEO効果がないことはGoogleの “ジョン・ミューラー” がハッキリ公言してるんでまず間違いないかなと。

 

Googleには、たとえば「100語以下ではダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図に沿ったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。

引用:Google Webmasters Hangout

 

けれど、 “文字数に関するアルゴリズムはない=直接的なSEO効果なし” という割には、上位表示してる記事の文字数はどれもそこそこ書かれてます

 

どういうことかと言うと、Googleは口癖のように日頃から「ユーザーの検索意図に沿った質の高いコンテンツを作りなさい」と言い続けてます。ここで言う質の高いコンテンツというのは、”その記事1つで様々なユーザーニーズを満たすことができるくらい、情報が網羅的に書かれた記事” のこと

 

もし仮に、検索意図についてあんまり詳しくないなら、下記を参照くださいませ~~

【最新seo】検索意図の調べ方と分析方法【検索ニーズ全7パターン】

 

===============

 

例えば、自宅の庭のブロック塀が台風で崩れてしまったので、リフォームもかねて自分で積むことにしました。

ブロックの積み方をネットで検索したところ、”ブロックの積み方” を紹介してるサイトはけっこうあるみたいです。

しかし、ブロックの積み方だけを解説しても網羅性があるとは言えません。積み方とあわせて、

  • ブロックを積むために必要な道具や材料
  • それらの材料はどこでどれくらいの値段で手に入るのか

ここまでしっかり解説してはじめて情報が網羅されてると言えます。

 

===============

 

こんな感じに情報を網羅すると、必然的に文字数は多くなります。むしろ逆に、少ない文字数で情報を網羅するのはかなりムズいっす

 

つまり、上位表示してるページはユーザーニーズを網羅的に満たすことができるから、検索上位に表示されてるってワケです。その結果として文字数が多くなったというだけのこと

 

さらに、結果的に文字数が増えたことで別のSEO効果が生まれます。それは、”共起語” と “様々な検索クエリにヒットする” この2つが上位表示に有利に働きだすんです(´、ゝ`)ニヤリ

 

1.共起語とは

共起語というのは “ある検索クエリ” とセットでよく使われるキーワードのことで、ユーザーの検索意図を満たしたコンテンツを作る際に重要視されてるSEO対策の1つです。

ちなみに、サジェストや関連キーワードとはまた少し違います。

 

そして、1つのキーワードに対して共起語は複数あるので、文字数が多いコンテンツのほうが共起語をたくさん含ませることができます。

 

あんまり共起語について詳しくないという方は、下記を参照ください↓

共起語SEOで検索順位を”グングン↑↑”あげる方法

 

2.ヒットするキーワードの数が増える

文字数が多いとそれだけ使われてる語句の数も増えるので、いろいろなキーワードからアクセスが流入するようになります。ロングテールキーワードも同じです。

 

ただし、とにかくアクセスを集めようとして記事で狙うメインキーワードとなんの関係もないキーワードを詰め込みまくるのはNG。順位が下がったり、悪質なものだとペナルティのリスクがあります。

キーワードの詰め込みすぎはヘタを打ちますヨ↓

【‘19SEO】タイトルに含めるロングテールキーワードは3つまで

 

少しまえに比べるとSEOでキーワードの重要度は下がってきてるんで、意識していろいろなキーワードを引っかけようとせず、検索意図に沿ったコンテンツを作る過程のなかで、自然といろいろなキーワードが引っかかるようになった、というぐらいがちょうどいいっす。

 

 

目安となる文字数はキーワードによって違う

1記事の文字数の目安が明確にあればごっつ楽なんですが、残念ながら “○○文字書いとけばOK!” みたいなのはありません。

 

正確にはザックリとした目安ならあるんですが、記事で狙うキーワードによって文字数の目安は変わります。

 

記事で狙うキーワードが変わればもちろんユーザーの検索意図も変わり、網羅しなくてはいけない情報も変わってきます。ってことは、コンテンツ量・文字数も当然かわるということです。

 

目安の文字数が変わることはわかったけど、その目安はどうやって知るの?

 

という疑問が浮かぶのは当然のことなので、ここからは文字数の目安を知る方法や注意点を紹介していきます。

 

1.文字数の目安は上位表示してるページをチェックする

ターゲットキーワードを実際に検索エンジンをつかって検索して、1~10位のページの文字数を調べます。これをやることでターゲットキーワードの網羅的なコンテンツを作る際、どれくらいの文字数が必要かザックリと見えてきます。

 

文字数を調べるのには “文字数カウントツール” を使えば一瞬です。無料のものを2つ紹介するので、どちらか使いやすい方を使っていただければいいかなと。

numMoji

SEOラボ 評価チェックツール

 

numMojiは上位表示してるページのサイドバーやフッターを除いた “コンテンツ部分” だけをコピーして貼り付けるだけでOK。

 

SEOラボの評価チェックツールは文字数を調べたいページのURLとターゲットキーワードが必要です。

 

2.コンテンツを作る

ターゲットキーワードの文字数の目安がわかったら、コンテンツ作りに入ります。

その際に、上位表示してるページの文字数で勝負するべきじゃありません。勝負はコンテンツの中身でするべきです

具体的にどんな感じで作ってくのかと言うと、

 

  • 検索意図から外れない範疇で、ほかのページにまだ書かれてない情報があれば書く
  • 仮に無い場合は検索意図から外れない範疇で、サジェスト・関連キーワード・共起語などを駆使しまくった、ゴリゴリのキーワード選定で攻める

 

日頃からインプットを怠らず頑張ってると、まだ書かれてない新情報を入れてサラッとコンテンツが作れます。

しかし、僕みたいに日頃インプットを怠りまくってると、リサーチに次ぐリサーチから始めなければいけないことになりますヨ。

また、この時は上位表示してるページだけじゃなく、2ページ目、3ページ目まで見るのもありです。

 

ゴリゴリのキーワード選定は正直ごっっっつ大変ですね。商品やアフィリリンクの成約ページ、つまり、

「この記事は絶対に上位表示させたいんや!」

みたいな場面でだけならいいかもしれませんが。

 

キーワード選定に関する記事もあるのでまたどうぞ~~

確実にあがるキーワード選定方法の3つのコツ【SEO初心者の方必見!】

アフィリエイトで月5万円稼ぐ方法【ブログ記事量産SEO】

 

それでも書けない人はまず1,000文字を目指す

とにかく文章を書くのが苦手でキライで苦しいという人は、1,000文字をゴールに設定してみましょう。

いくら文字数にSEO効果がないとはいえ、100文字、200文字の記事を乱発するのはマズいっす。

 

あんまりにも文字数の少ないページばかりを作ると、Googleアルゴリズムの “パンダアップデート” の取締対象に該当して “低品質なコンテンツ” の烙印を押されかねません(((;꒪ꈊ꒪;))):

 

時間がどれだけかかっても、全力で丁寧に1,000文字書き上げる努力を続ければ “1,000%” 鉄板で文章を書くのがうまくなりますよ

 

文章を書くスキルを上げたい方は下記を参照ください↓

【Webライティング基礎入門】初心者は6つの型を覚えよう!

ブログ記事の書き方|アフィリエイトが売れるライティングテクニック

 

 

ブログ更新頻度と文字数について

“3,000文字の記事1本”“800文字の記事4本” なら、800文字×4本のほうがオーガニックなトラフィック(検索エンジンからの流入)を多く獲得できるといった理論があります

 

3,000文字を書くとなるとなかなか大変で、時間と労力をかなり消耗します。それに比べて800文字くらいならそこまで消耗することもないし、精神衛生的にもよろしいです。

 

さらにGoogleは新しい情報を好むので、更新頻度を高くしておけばSEOでも有利に働くこと間違いナシ。

 

ただし、コンテンツの中身が重複しないように気を付けてくださいね~~

 

ブログ更新頻度とSEOの関係の詳細は下記を参照くださいませ~~

ブログ更新頻度がSEOに与える影響について

 

まとめ

まとめ

ブログの文字数が多くても少なくても直接的なSEO効果はない

上位表示するには、検索意図に沿った質の高いコンテンツを作る

記事文字数の目安はターゲットキーワードで変わってくる

 

ってことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

「SEO対策完全マップ」と題して初心者がイチからSEOを学習できる、”SEO対策まとめ記事” もあるので、そっちもあわせて読んでみてくださいな~