検索意図の調べ方と分析方法【検索ニーズ全7パターン】

2019年9月29日

こんぺい

はいどーもーこんぺいです。
2019年のSEOは検索意図に沿った記事が上位表示するんですよね?

師匠

そのとおりじゃ。GoogleもAI搭載されて日々かしこくなっとるから、昔みたいに小手先のテクニックでは上位表示でけんくなったからの。

こんぺい

ぼくはテクニックで上位表示が決まるより、いいものを作れば上位表示する今のSEOのほうがいいです!
で、どうやって把握するんですか検索意図って?こんぺい三等兵は検索ニーズの調べ方を教えてほしいであります!

師匠

ヨシ!こんぺい三等兵!しっかりと聞き逃さずに聞くように!

こんぺい

イエッサー!キツネ五頭兵!
この記事でわかること

  • 検索意図とは?
  • 検索意図の調べ方

 

検索意図が上位表示にどんな影響があるのかについては下記を参照ください。

【Google大変動】近年のコアアップデートで検索順位に与える影響は?

 

 

SEOで上位表示のカギを握る検索意図とは?

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンを使う目的・意図のことをさします。

例えば、『足 ツボ』というキーワードで検索する人の検索意図は・・・

  • 足裏のツボの場所が知りたい
  • 足裏のツボを押したときの効果が知りたい
  • 足裏のツボを押す強さを知りたい

 

などの検索意図がありますよね。2019年のSEOでは、この検索意図に沿ってユーザーを満足させられる記事が上位表示します。

とはいえ、『足 ツボ』のように検索意図がたくさんある場合、どの検索意図にあわせて記事をかけばいいかわからないですよね。

 

そこで今回は、全7パターンある検索ニーズを分析して『検索クエリ(キーワード)のニーズ』と『どの検索クエリで記事を書くべきなのか』を解説していきます。

この2つをガッチリ押さえておけば上位表示はいただきでっせ(´、ゝ`)ニヤリ

 

検索意図の調べ方【7大検索意図】

ユーザーが検索エンジンを使う理由は必ず下記のどれかにあてはまります。

  1. What?・・・『意味の説明』が知りたい
  2. How?・・・『方法の説明』が知りたい
  3. How much?・・・『価格・相場』が知りたい
  4. Who?・・・『誰が解決してくれるのか』が知りたい
  5. Which?・・・『どの商品・サービスが解決してくれるのか』が知りたい
  6. Which one?・・・『AとBの違い』が知りたい
  7. Why?・・・『原因』が知りたい

 

そして、上記7つの検索意図のなかでも特に多いニーズが『2』のHow?です。

  • ~の選び方
  • ~の使い方
  • ~のやり方

 

要は、初心者が知りたがりそうなことですね。どんな検索クエリでもHow?に関するニーズは必ずあるので、このニーズに沿って記事を書いていけば大きく外すことはありませんΣd(´∀`)イイ!

 

 

検索意図を分析して狙うキーワードを選定する

ここからは実際に検索意図を分析して記事で狙うキーワード選定をやってみたいと思います。

キーワード選定の基本的なやり方は下記を参照ください↓↓↓

確実にあがるキーワード選定方法の3つのコツ【SEO初心者の方必見!】

 

ではでは、先ほどの続きで『足つぼ』を例に検索してみましょう。

 

1.検索1ページ目のタイトルチェック

『足つぼ』というキーワードで検索すると、検索結果の1ページ目には7大検索意図のうち4種類が入ってるのがわかります。

これはGoogleが検索結果に多様性を持たせることで、いろいろな検索ニーズをカバーできるようになってます。

 

そして、ここでも1位と2位の検索意図に『How?』がきてますね

ということは、『足つぼ』というキーワードなら『How?』のニーズに沿って記事を書けば、上位表示される可能性が高いということがわかりました。

 

2.2語目をサジェストから選ぶ

『足つぼ』に続く2語目のキーワードは、サジェストから選択します。

『How?』は方法・やり方についての検索意図なので、上記サジェストでHow?にあてはまるのは『足つぼ マッサージ』だけですね。

 

 

3.3語目以降のロングテールキーワード

検索意図をHow?にするなら、『足つぼ マッサージ』に続く3語目に来るキーワードは『方法』や『やり方』になります。

 

しかし、『足つぼ マッサージ』に続く3語目に『効果』や『器具』を持ってくることもできるんですが・・・

『足つぼマッサージで得られる効果が知りたい』←Why?

『足つぼマッサージに使う器具が知りたい』←Which?

 

『効果』『器具』を3語目に持ってくると検索意図がHow?にならないんです!

仮に、How?にあてはまるキーワードが何種類かある場合は検索ボリュームの多いほうを選んでくださいタタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

 

4.関連キーワードも盛り込む

『足つぼ マッサージ やり方』の検索結果に表示される関連キーワードも記事に盛り込むと、検索意図を深堀することができます。

 

==================================

 

上記の調べ方で分析・キーワード選定をおこなって、検索意図が外れないように記事を書けばOKです。

記事の書き方・タイトルの決め方については下記を参照ください↓↓↓

ブログ記事の書き方|アフィリエイトが売れるライティングテクニック

【圧倒的】ブログ記事タイトルの付け方!4U原則でクリック率up

 

まとめ

まとめ

2019年最新のSEOでの上位表示は検索意図に沿った記事を書くべし!

ユーザーの検索意図(検索ニーズ)は全7パターン!

検索上位の検索意図の傾向をもとにキーワード選定して記事作成!

 

ユーザーの検索意図は日々変化してしているので、記事の情報は定期的に更新・リライトすることでGoogleに評価されやすいコンテンツを提供し続けることができます。

そのためには、まず競合分析をしてあなたが上位表示したいSEOキーワードの検索意図を把握しましょう(*’v`丱)☆+゜

検索順位チェックツールGRC

 

てことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

2019年最新SEOも要Check!!

SEO対策完全マップ【入門・初心者・中級者向き】