検索順位チェックがSEOで重要な理由【おすすめツールも紹介】

2019年9月29日

こんぺい

はいどーもーこんぺいです~

今回の記事はこんな人におすすめです!

 

「なんで検索順位をチェックしないといけないの?あと、順位チェックに使うツールでおすすめはありますか?」

 

こんぺい

先に結論を言うと、検索順位をチェックするのはSEOの効果を測定するためにおこないます

そして、チェックツールで圧倒的におすすめなのは ”GRC” です。

そこで今回は検索順位のチェック方法とGRCの使い方を深掘り解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

SEOで検索順位チェックが重要な理由

SEOで検索順位をチェックすることの意味は2つあります。

  1. SEOの効果を測定するため
  2. Googleのアルゴリズムアップデートを見逃さないため

 

この説明だけではよくわからないと思うので、1つずつ見ていきましょう。

 

1.SEO効果を測定

ブログやサイトでおこなったSEO対策の効果は、検索順位にマトモに出てきます。

 

例えば、ずっと30位あたりをウロウロしてるキーワードがあるとしましょう。順位が上がらない原因で多いのが、”検索意図のズレ” です。

キーワードとコンテンツ内容をすりあわせてズレをなくしてやると順位が回復することは珍しくありません。

 

しかし、検索意図のズレを無くしたのにもかかわらず順位が上がらない場合に考えられるのが、

  • まだズレてる
  • キーワードのSEO難易度が高い(ドメインパワーが足りてない)
  • 検索意図以外の原因で順位が上がらない(サイト構造がよくない、hタグの使い方がおかしい、重複・低品質コンテンツ、などなど)

 

===============

 

というように、検索順位をチェックしておけばSEOの効果が表れてるのか、表れてないのかを知ることができます。

SEO効果が出てない(検索順位が上がらない)なら、早急に別の原因を探して改善しないといけません。

もし検索順位を確認してなかったらSEOが効いてるのか、順位を下げてる原因はなんなのか、なに1つ知ることができないとこでした。

 

2.Googleアップデートに素早く対応できる

Googleがアルゴリズムのアップデートをおこなうと必ず検索順位に何かしらの反応が出て、場合によっちゃ大変動が起こることがあります。

順位が上がる大変動なら “おおきに!” ですが、順位が下がる大変動だったら早急に原因を見つけて改善しないといけません。

 

直近でいうと “2019年8月29日” に「YMYL(ユアーマネー・ユアーライフ)」に関する、今年に入って3度目のアップデートがありましたよね。

このように近年Googleは頻繁に “コアアルゴリズム” のアップデートをおこなってることからも、以前より検索順位をチェックする重要性が高くなったと言えますね

 

Googleのアップデートについて詳しく知りたい方は下記を参照ください。YMYLについても解説してます。

【Google大変動】近年のコアアップデートで検索順位に与える影響は?

 

検索順位チェックツールは “GRC” 一択!

検索順位チェックツールは色々ありますが、個人的におすすめなのはやっぱり “GRC” ですね。

なんで「一択!」とまで言い切るのか教えましょうか?ぼくがここまでビッシ~と言い切る理由、それは・・・

 

マナブログのマナブさんがおすすめしてたから。以上。

 

だって、マナブさんのお墨付きほど信頼できるものはありませんよ(笑)

 

とはいえ、実際に使ってみるとマナブさんが推奨する理由がわかりました。

シンプルで使いやすく、登録したキーワードの検索順位300日分をグラフで表示してくれるので、順位の推移が一目でわかって便利です。

 

それでは、GRCの使い方と公式をカンタンにサクッと紹介しておきます。

検索順位チェックツールGRC

 

1. サイトURLとキーワードを登録する

検索順位を調べたいサイト名とURL、キーワードを登録しましょう。まだ順位計測されません。

 

2. 1日1回 “実行” をクリックする

上部メニューにある「実行(R)」→「順位チェック実行(R)」をクリックすると、登録したキーワードの順位チェックがはじまります。

ちなみに、1日1回実行をクリックして順位測定しないと、その日の分が記録されないので注意してください。

 

さらにもう1つ、上記画像で✔マークが入ってる「起動時に順位チェック実行(A)」というのにしておけば、PCの電源を入れたときに自動で順位計測がはじまります。

ただし、こちらも同じくPCの電源を入れないと計測されないので、要注意。

 

3. 過去の順位はグラフで表示される

過去の順位データは上記の感じで記録されます。測定される検索エンジンは下記3つ。

  • Google
  • Yahoo
  • Bing

 

“アフィリエイトフレンズ” は、ず~っと6位と7位を行ったり来たりして、なかなかこれより上に行けないっす。変にさわって逆に下がるのがコワイので放置してます(笑)

 

測定結果をSEOに活用して検索順位を上げる!

それではここからは、チェックした検索順位を上げるにはどうすればいいのかを解説していきます。

SEO対策やりまっせ~(*´罒`*)

 

1.  順位チェックするキーワードはどうやって選ぶの?

そもそも、GRCに登録するキーワードはどうやって選べばいいのか?ですが、サーチコンソールを使うと順位測定するべきキーワードがわかります。

 

サーチコンソールでチェックする項目が、

  • どのページにどんなクエリ(キーワード)で流入してるのか
  • クエリの検索順位

この2つ。

 

「サーチコンソールでも検索順位わかるんだったらGRC必要ないやん!?」って思うかもしれないですが、サーチコンソールはGRCみたいに細かい順位変動がわからないうえ、最新のデータが4日前のものなので、精度と鮮度がGRCより劣ります。

 

話を戻します。サーチコンソールで検索順位が20~30位のキーワードの中から、順位を上げたいものを1つピックアップします。そのキーワードがどのページに流入してるのかも確認してくださいね

 

検索順位をチェックするキーワードの選び方はこんな感じです。サーチコンソールを使ったキーワードのピックアップについて詳しく解説してる記事もあるので、またそっちも見ておいてね~~

サーチコンソールをSEOに活用して検索順位を上げる方法

 

2. コンテンツ内容とユーザーニーズをすりあわせるためにリライトする

ピックアップしたキーワードの順位を上げるには、キーワードの検索意図と記事の内容のズレを修正します。

はじめに少しお話ししたよういに、順位が上がらない原因の多くがユーザーニーズと記事内容のズレです。

 

===============

例えば、「ブログ 書き方」というキーワードで上位表示を狙うなら、ブログの書き方を解説する内容じゃないとダメですよね?

つまり、ユーザーが検索するキーワード(記事で狙うキーワード)からユーザーニーズ(検索意図)を正確に読み取って、そのニーズを満たす内容の記事を書く必要があるということです。

このユーザーニーズをミスらず正確に読み取る方法は下記を参照くださいませ~~

【最新seo】検索意図の調べ方と分析方法【検索ニーズ全7パターン】

 

===============

修正する記事の検索意図を改めて確認したら、リライトに取りかかりましょう。

リライトをやったことがなくてやり方がわからない方は下記記事をどうぞ↓↓

SEO効果のあるブログ記事リライト方法【5つのテクニック】

 

3. リライトした日をメモって2~3ヶ月放置

リライト日をメモったら、あとはGRCで順位の推移を見守りましょう。順位が全然うごかないとつい記事をさわりたくなりますが、最低2ヶ月はさわらずに放置すること。

 

もし2ヶ月が経過してまったく順位が動かないのなら、検索意図がズレてないかもう一度チェックしてみてください。検索意図は日々変化するので、もしかしたらキーワードに対するユーザーニーズが変わった可能性もあります。

 

まとめ

まとめ

検索順位をチェックする理由は、SEO効果を測定するため

順位チェックに使うツールはGRCがおすすめ

検索順位を上げたい記事があるなら、キーワードのユーザーニーズを読み取ってニーズを満たす記事にリライトする

 

ってことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

「SEO対策完全マップ」と題して初心者がイチからSEOを学習できる、”SEO対策まとめ記事” もあるので、そっちもあわせて読んでみてくださいな~