お手本にしたいブログの見本3選!パクり方を徹底解説

2019年11月30日

スポンサーリンク

 

Right Caption

こんぺい

はいどーもーこんぺいです。

今回のテーマは「成功ブログの見本」についてです。

 

”アフィリエイトとかブログを始めたいんだけど、なにか見本になるブログはないの?”

と、考える人は多いですよね。ぼくもその1人でした。

でも、何万とあるブログの中からお手本にするブログを見つけるのって、ごっつ大変。

しかも、そのブログが ”怪しいよくわからんブログだった” なんてことになったら最悪です。

 

そこで、今回の記事では「現役トップブロガー」が運営する人気ブログを3つ紹介したいと思います。

今回紹介するブログをパクって全く成果が出ないなんてことは99.9999%ないはずです。

 

スポンサーリンク

最短でアフィリエイトの成果を出したいなら見本ブログをパクるべし

ことわざで「知らずば人真似」というのがあって、

”やり方を知らないなら知っている人のマネをしろ”

という意味があります。

 

アフィリエイトやブログも同じで、とにかく最短で成果を出したいと考えるなら、稼いでるブログやサイトをパクることです。

パクると言っても記事をコピペするわけじゃなくて、稼ぎ方・成功する方法をマネするということ。

とはいえ、”稼ぎ方や成功する方法をパクれ!” と言われても漠然としすぎてしっくりこないと思うんで、もっと具体的に解説します。

 

お手本ブログの ”おパクり” ポイント

おパクりポイントの「稼ぎ方・成功する方法」が何かと言いますと、

  1. 記事タイトルの付け方
  2. 文章の書き方
  3. 収益発生源

この3つ。

我々は、スキル「盗賊の目」が発動できないんで、パッと見ただけでパクれません。

なのでまずは分析→特定→パクる、という流れになります。この流れを詳しく見ていきましょう↓↓

 

1. 「記事タイトルの付け方」のパクり方

ユーザーは検索結果に表示される記事タイトルを見て ”読む or 読まない” を決めてます。

つまり、記事タイトルはブログのアクセス数に影響する超重要な要素ということです。

そして、見本になるブログ記事のタイトルは、

Left Caption

なるほど君

おっ、この記事読んでみたい

って思わせるのが上手いです。

 

タイトル付けには「型」みたいなのがあるんですけど、トップブロガーはこの型にオリジナル要素を加えて改良してます

オリジナル要素が何か特定するには、そのトップブロガーのブログ記事タイトルを片っ端から「網膜盗撮」しまくってください。

すると、”よく使われてる言葉” や ”「」・!・?” の使い方の特徴がチラチラ見えてくるので、それを素早くポケットに入れましょう

 

クリックを誘発するブログ記事タイトル付けの型が知りたい方はこちらの記事を参照ください↓↓

【圧倒的】ブログ記事タイトルの付け方!4U原則でクリック率up

人気が出るアフィリエイトブログのタイトルには法則があった!

 

スポンサーリンク

2. 「文章の書き方」のパクり方

トップブロガーが書く文章って、記事にグイグイ引き込まれて離してくれませんよね。

どうやって我々をそんなに記事に引っ張り込んでるのか?

”読んでてスッと入りやすい構成” と ”読みやすい工夫”

この2つが我々を掴んで離さない「手」の正体です。

 

そして、みなさんにパクってもらいたいのは「読みやすい工夫」の方です。

読みやすい構成は、Webライティングといって記事を ”文章の型” にあてはめて書くテクニックのこと。

ぶっちゃけこのWebライティングはトップブロガーからパクらなくても、本とかで勉強できたりします。

当ブログでもWebライティングについて書いた記事があるので、よければソッチも読んでみてください。

【Webライティング基礎入門】初心者は6つの型を覚えよう!

 

で、トップブロガーからパクる ”読みやすい工夫” というのは、改行スペース句読点漢字とひらがなのバランス言葉のチョイス、これらすべてをひっくるめたもののことです。

じゃあ、読みやすい工夫がされてないとどうなるのか?

改行、スペース、句読点がないと、どっからどこまでが一文かわかりにくし、読みにい。←はい、離脱

漢字が多すぎるとゴチャゴチャ感がハンパないし、ひらがなばっかりだと区切りがわかりにく。←はい、離脱。

専門用語や難しい言葉ばっかりだと、意味わからんし、置いてかれてる感がムカつく。←はい、離脱。

というように、工夫がないと、なにかにつけて離脱されるんです。

だから離脱されないようにする工夫を、見本ブログからパクろうぜという所に話が繋がるわけなんです。

 

で、どうやってパクるのかと言うと、見本ブログをなんとなくボーっと読むんじゃなくて、

Left Caption

なるほど君

なるほど、ここが改行のタイミングなのね。ふむふむ、スペースは3~4行間隔で使われてるな

というように、パクることを意識して読むことで、自分が書くときに、

Left Caption

なるほど君

確かここらで改行やったはず!

というように、思い出します。はじめはこんな感じで思い出しながらでも、続けてるうちに習慣化するはずです。

 

3. 「収益発生源」のパクり方

どうやって見本ブログは収益を発生させているのか?これがわかると、自分のブログにも使えますよね。これはパクるしかない。

まずは、収益を発生させてる記事を特定しないといけません。

 

特定するには、見本ブログのサイドバーとか、記事下の「おすすめ記事」「人気記事」を観察すると見えてきます。

色々なページから ”ある1つの記事” に内部リンクが貼られているなら、その記事が収益記事だと思って間違いありません

そして、全ての記事にある「おすすめ記事」「人気記事」からだと、自然なカタチで内部リンクが貼れますよね。

 

内部リンクを集中させるのにはちゃんと意味があって、1つは読者を収益記事に誘導するため

もう1つは、内部リンクが貼られまくるとその記事のSEOが強くなるんです。

収益記事を特定したら、アフィリエイトリンクがあるかチェックします。もしアフィリリンクがないなら、その記事は収益記事じゃない可能性が高いですね。

で、アフィリリンクのURLをコピーして、メモ帳にでも貼り付けます。

これ、何をしてるかのと言うと、どこのASPの商材なのか調べてるんです

https://px.a8.net/svt/ejp?a8m・・・・・A8net

https://t.afi-b.com/visit.php?g・・・・・afb

<a href=”//af.moshimo.com/af・・・・・もしもアフィリエイト

みたいな感じで、URLに何かしらASPの名前なり、イニシャルなりが入ってます

 

Left Caption

なるほど君

でも、わざわざASPまでパクる必要ある?よく似た商材でいいんじゃね?

マイナーな商材でよく似たのがないなら仕方ないですが、見本ブログと同じジャンルの商材を扱うなら、見本ブログの商材をそのままパクるほうがいいです。

というのも、見本ブログに掲載してるということは、それなりに承認率がいいから掲載してるはずなんです。

 

この承認率という概念はアフィリ特有のもので、例えば自分のブログから10個の商品が売れても、その広告の承認率が10%だとしたら実際お金がもらえるのは1個分だけ、という信じがたいことが起こるんですよ。

で、怪しい広告主の商材ではこの謎の却下がよくあるような気がします。

だから、こういうヤバイ広告主の商材を回避するために、見本ブログで掲載している広告と同じものを選ぶのが安全なんです。

 

できれば1記事譲ってほしい!稼ぎまくりの見本ブログ3選!

前置きが長くなりましたが、ここからいよいよお宝ザックザクのお手本ブログを3つ、おパクりポイント付きで紹介します。

どれも人気ブログなんで、知ってる方も多いかもしれませんが。

 

スポンサーリンク

manablog

今もっとも稼いでて影響力と勢いがエグいブロガー、マナブさんが運営されているのが「manablog」です。

稼いでる額が月1000万とか、ちょっと意味不明レベルで、完全に雲の上の天竜人みたいな方なのに、なぜか親近感がわく。

これ、マナブさんが自身が良い意味でフツーの人だから親近感がわくんです。

エエカッコしないし、見栄も張らないもちろん嘘もつかない

 

だからファンがドンドン増えるし、

Left Caption

なるほど君

マナブが言うならそうなんやろな~

という安定の信頼感があるです。

 

これ以上マナブさんの話ばっかりしてたらファンすぎてキモイのがバレそうなので話をmanablogに戻しますね。

manablogでみなさんにパクってもらいたいのは、

  1. 読みやすい文章の書き方
  2. SEOテクニック

この2つ。

 

まず、manablogは文章がメチャクチャわかりやすいです。一文が短くて、難しい言葉が無く、SEOみないな必要最低限の専門用語しか出てきません。

だからブログ始めたばっかりの人が読んでも、ちゃんと意味がわかるし、腑に落ちまくるんです。

まあ、ここで僕がmanablogの文章のわかりやすを語れば語るほど、逆にわかりにくくなるんで、実際に読んでみるのが一番ですね。

 

そして、おパクりポイント2つめはSEOです。

SEOのスキルをmanablogからパクるなら、2017~2018年に書かれた記事がかなり勉強になります。

この時期はアフィリで稼ぐことにフォーカスした記事が多いので、SEOも詳しくなります。

これ、マナブさん本人が言ってました。あと、こんなことも言ってました。

 

「基本、僕のブログはパクるのOKなんで、どんどんパクっちゃってください」

 

え?パクらないでください、じゃなくて?

普通、稼ぐための情報とか、ノウハウは全力でパクられないようにするのに、パクっちゃってOKなん・・・?

ま、まあ、ご本人がそうおっしゃるなら盛大に甘えてパクらせてもらいましょう。笑

 

それじゃあ最後にmanablogのおパクりポイントをまとめておきます

小学生が読んでも理解できるくらい、わかりやすく見やすい文章

アフィリで稼ぐためのSEOテクニック。とくに2017~2018年の記事

manablog

 

ペンギン新聞

強者ひしめくWebマーケ業界の最前線でバチバチ戦うブロガー、龍由樹(りゅうゆき)さんが運営されてるのがペンギン新聞です。

Webマーケ会社の前は、外資系企業でウェブマスターをされていました。

 

こちらの外資系企業、超大手にもかかわらず、検索エンジンではライバル会社の次、つまり2位でした・・・。

そこで龍由樹さんが ”コリコリ” っと、SEOすること1年で、堂々の1位ゲトー。

この外資系ウェブマスター時代に学んだ知識や経験が、ペンギン新聞に凝縮されてます。

 

ペンギン新聞からみなさんにパクってもらいたいことは ”たった1つだけ” です。それは、

「ブログとアフィリエイトで稼ぐためのリアルな血のかよった情報」

です。

 

情報商材とかでありそうな、

Left Caption

なるほど君

芯食うてないなぁ~。結局のところ、僕はどうしたらいいのさ?

みたいなヌルイ情報じゃありません。

龍由樹さんの経験にもとづいた、スーパー具体的な稼ぎ方が書かれてます

しかも、それだけじゃありません。

 

LINEを使って自分が運営するブログの指導をしてもらえるんです、無料で!

 

その対価としてこちらが支払うのは、自分のブログでペンギン新聞を紹介するだけっていう。

ま、まあ、ご本人がそうおっしゃるなら盛大に甘えて教えを乞おうじゃありませんか。笑

 

というわけで、ペンギン新聞のおパクりポイント(ご教示ポイント)のまとめ

ブログとアフィリエイトで稼ぐための、リアルな芯を食った情報

ペンギン新聞

 

クロネのブログ講座

趣味ブログという言葉の生みの親である、クロネさんが運営されてるブログがクロネのブログ講座です。

ブログ講座というタイトルから分かるように、完全に初心者の人がブログだけでメシを食えるようになるまでの手順を、ブログの始め方→記事の書き方→ブログの稼ぎ方→ブログの続け方という流れで勉強できます。

なので、

Left Caption

なるほど君

サイトアフィリで稼ぎたいゾ!

という人には、ちょっと違うかもしれません。

 

で、みなさんにクロネのブログ講座からパクってもらいたいのは、

  1. アドセンスの運用方法
  2. ブログ100記事講座

です。

 

まず、僕が知る限り、クロネのブログ講座よりグーグルアドセンスの審査~稼ぎ方までのプロセスがわかりやすいブログはありませぬ。

昔クロネさんはアドセンスを知らなかったせいで、月8万PVありながら収益0円という経験があっただけに、アドセンスに対して他のブロガーより思い入れがあるのかもしれませんね。笑

なので、アドセンス審査が通らない人記事のどこに貼るかわからない人、みんなまとめてクロネさんのところへどうぞ。

 

おパクりポイント2つめは、「100記事講座」です。

パクるというより、テンプレートどおり進めるって表現がふさわしいかも。

この100記事講座はマジでおすすめで、ブログについて何も知らない人でも、10記事ごとに設定されてる課題をクリアしていけば、ちゃんとした記事が100記事できあがるというもの。

Left Caption

なるほど君

フツーに売られていてもおかしくないレベルだでー

ブログ初心者の人がなりやすい、どんな記事書けばいいかわからん今なにをやるべきかわからん、この ”2大わからん問題” に陥らないんで、最短で成功の道を辿ることができちゃいます。

 

クロネのブログ講座のおパクりポイントまとめ

グーグルアドセンスの審査からクリックされてお金が発生するまでの全プロセス

完全初心者が10記事ごとに課題をクリアするだけで100記事達成できる100記事講座

クロネのブログ講座

 

スポンサーリンク

見本ブログのデザインや文体の癖をパクるのはアカーン!

稼ぎ方、記事の構成、読みやすい工夫、といったノウハウ的なことはガンガン盗んでいいと思うんですよ。

でも、デザインとかレイアウト、その人の文体の癖をパクるのはどうなんかなって。

 

以前、manablogを ”まんま” パクってるブログを見かけたことがあります。

意識してるとかのレベルじゃなくて、マナブさんの口癖マナブさんのレイアウトマナブさんの言い回し、どこをどう見ても完璧にマナブさんなんですよねぇ。。。

正直、その人のブログを見て、

Right Caption

こんぺい

なにこれ・・・気持ちワルイ・・・

って思いました、申し訳ないですが。マナブさんが言ってた、パクりOKというのはそういうことじゃないのでは・・・

そもそも、そこまでmanablogに寄せていくんだったら、本家のmanablogを読みますし。笑

みなさんはこんなことにならないよう、節度とマナーを持って、ルパンのようにスマートなパクり方をしてくださいね。

 

おすすめレンタルサーバー比較【速くて強くて使いやすい!】

検索順位チェックがSEOで重要な理由【おすすめツールも紹介】

 

スポンサーリンク