WordPressのおすすめプラグイン19選

2019年8月14日

こんぺい

はいどーもーこんぺいです。
ワードプレスでアフィリエイトをやるなら、入れておいたほうがいいプラグインは何ですか?

師匠

初心者はとにかく入れといたほうがいいプラグインと、用途別に入れたら便利なプラグインがあるんやけど、どっちが知りたいんじゃ?

こんぺい

どっちも教えてくれたらいいじゃないですか。
ケチくさいこと言わないでくださいよー

師匠

なんでワシがそこまで言われてるかよぉわからんが、まあええじゃろ。
おすすめのプラグイン全般と、プラグインの使い方とか注意せなあかんこともついでに教えたろ。

こんぺい

あざーっす!はやくおしえろー

 

この記事でわかること プラグインとは?
おすすめプラグインの使い方と注意点

 

おすすめのWordPressテーマが知りたい人はこちらの記事を参照してください。

【無料】おすすめのWordPressテーマ11選!【有料】

 

 

WordPressに入れておきたいおすすめプラグイン

そもそもプラグインとは、WordPressの機能を拡張させるツールのことで、導入すると色々なことができるようになります。

アフィリエイトブログなどでよく見かける『お問い合わせフォーム』もプラグインを使って作られたものが多いです。

プラグインの料金は、有料と無料があって、今回は無料のプラグインを紹介していきます。

 

使い方はシンプルで、プラグインから【新規追加】をクリック後、検索窓にお目当てのプラグインの名前を正確に入力して、WordPressにインストールするだけ。

インストールしたら【有効化】をクリックするのを忘れずに!

 

プラグインは入れすぎるとプラグイン同士が干渉しあってエラーが表示されたり、ページの表示速度が遅くなったりするので、入れるのは20個以内にとどめましょう!

 

初心者はとにかく入れとけば間違いないプラグイン

WordPressのことやプラグインのことがよくわからない人でも、入れとくと陰でしっかり効果を発揮し続けてくれるプラグインを紹介します。

 

目次作成プラグイン「Table of Contents Plus」

WordPressのテーマによっては、標準で目次機能が搭載されてるものもあるのですが、無いのであればTable of Contents Plusをインストールしましょう。

目次を作るプラグインはいくつかありますが、なかでも一番人気があって多くの人に使われてるのがTable of Contents Plusです。

初期状態のデザインはシンプルでそのまま使うことができますが、CSSをいじくればカスタマイズすることもできます。

 

SEOプラグイン「All in One SEO Pack

SEOに関する設定が、このAll in One SEO Packを使うことでほとんどできてしまう、高性能で人気のプラグイン。

各ページのメタディスクリプションやタイトルの設定ができるほか、

  • noindex
  • nofollow
  • canonical
  • robots.txt
  • siemap.xml

などなど、いろいろSEOの設定ができます。

人気プラグインのため、All in One SEO Packについて解説してくれてるサイトもたくさんあるので、設定方法がわからない時などはググってみてください。

 

アクセス解析プラグイン「Jetpack」

ワードプレス公式プラグインのJetpackは、簡易アクセス解析ができます。

Googleアナリティクスよりもわかりやすくできているので、アクセス解析の初心者でも問題なく使うことができます。

アクセス解析以外にも、SNSと連携する機能画像の読み込みを高速にする機能管理画面の自動変更機能、などサイト運営に便利な機能が搭載されてます。

 

セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」

SiteGuard WP Pluginは、WordPress管理画面とログイン画面に対して不正ログインをしてくる攻撃や、コメントスパムをされにくくする機能が搭載されています。

日本の企業が開発したプラグインなので、管理画面やオンラインマニュアルがすべて日本語表記です。

このプラグインは【CPI】【ヘテムル】などのレンタルサーバーも採用しています。

 

お問い合わせフォーム作成プラグイン「Contact Form 7」

「お問い合わせフォームなんて必要?」と思う人もいるかと思いますが、ASPや広告主から直接オファーが入ったりGoogleアドセンスの審査はお問い合わせフォームがないと通りにくいと言われていたりします。

お問い合わせフォーム作成のプラグインもいくつかありますが、Contact Form 7は使いやすく人気も高いので、お問い合わせフォーム作成はこのプラグインを使いましょう。

 

画像サイズ圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」

ユーザーの離脱率を下げるには画像を挿入するのが有効ですが、画像の枚数が多かったりサイズが大きいと、読み込みに時間がかかってしまいページの表示速度が遅くなります。

ページ表示速度はGoogleの上位表示する基準の1つなので、速ければ速いほどSEOで有利に働きます。

EWWW Image Optimizerをインストールしておくと、画像をワードプレスにアップロードする際に自動で圧縮してくれるため、是非入れておきたいプラグインの1つです。

 

タグ管理プラグイン「AddQuicktag」

AddQuicktagをインストールすると、よく使うHTMLコードをボタン1つで使えるようになります。

h2などの見出しタグ以外にも、

  • 文字をボックスで囲うタグ
  • 文字を吹き出しにするタグ
  • 文字をアニメーションで表示するタグ

などなど、いろいろ登録することができます。

記事を効率良く作成するのに必須のプラグインといえます。

 

用途別であったら便利なプラグイン

「インストール必須!」というワケではないですが、WordPressの用途にあわせてあると便利なプラグインを紹介していきます。

「この機能は自分に必要だ!」というものだけ選んでインストールしてください。

 

新着記事表示プラグイン「Post Grid」

新着情報を表示させるプラグインのほとんどが、デフォルトがシンプルすぎるため、デザインのカスタマイズは自分でやらないといけないことが多いんですが、このPost Gridは表示幅やグリッドも選ぶことができ、デフォルトでそれなりのデザインになってるのでCSSをいじくる必要もありません。

わからないので、CSSはあんまりいじくりたくない人におすすめのプラグインです。

 

カレンダー作成プラグイン「My Calendar」

カレンダーのプラグインもたくさんありますが、なかでもMy Calendarは高評価のレビューが多い人気のプラグインです。

管理画面も見やすく、住所を入力するとGoogleMapと連携して地図を表示させることもできます。

お店の定休日の告知などに使えそうなプラグインですね。

 

フォトギャラリー作成プラグイン「FooGallery」

FooGalleryは簡単にかっちょいいフォトギャラリーが作ることができる、ギャラリー系プラグインのなかでも人気のプラグインです。

パソコンとスマホの両方に対応する、レスポンシブ対応もされているので、スマホでは画像が表示されないといったことはありません。

細かいデザインの設定もできるので、こだわりたい人はFooGalleryを使うことをおすすめします。

 

YouTube動画埋め込みプラグイン「Shortcodes Ultimate」

Shortcodes Ultimateを使えば簡単に記事に動画を埋め込むことができるほか、リンクボタンの作成などショートコードを使った色んなことができます。

動画を埋め込むメリットとして、Googleが上位表示させる条件の1つにページの滞在時間があります。

記事に動画を埋め込むことでページの滞在時間を長くすることができるので、動画を埋め込むのはSEOでとても有効だと言えます。

 

ビジュアルエディタ拡張プラグイン「TinyMCE Advanced」

TinyMCE Advancedをインストールすると、WordPressのエディタ画面に色んな機能のボタンを追加することができます。

エディタ画面とはこれです↓

このプラグインがあれば、いちいちショートコードを書く必要がなく、効率的に記事作成ができるので導入することをおすすめします!

 

商品一覧表示プラグイン「ShopMenu」

ShopMenuを使えば商品のアイキャッチ画像、商品名、商品価格を一覧で表示させることができます。

個人のブロガーはあんまり使う機会がなさそうですが、企業のサイトやお店のサイトにを運営するのに重宝するプラグインです。

 

テーブル(表)作成プラグイン「Data Tables Generator」

同じテーブル作成のプラグインでTablePressというのがありますが、無料版だとレスポンシブ対応していなので、今回はData Tables Generatorを紹介することにしました。

Data Tables Generatorは、ほかの有料テーブルプラグインでしか使えない機能が無料で使えるので、使用するユーザー数は2万人をこえます。

プロが作ったのかと思えるテーブルが無料で作れるんだから、人気が出るのも納得いきますね。

 

LP(ランディングページ)作成プラグイン「Elementor」

LPが作れるワードプレステーマはいくつかあるのですが、どれも高額で安くても1万円弱はします。

ところが、Elementorは無料で使うことができて、30分ほどでLPが作れるというかなり優秀なプラグインになってます。

LPは外注や有料ワードプレステーマで作らずにElementorで作ることをおすすめします!

ワードプレステーマでLP作成する場合はこちらをどうぞ。

Colorful(カラフル)テンプレートでLPやペラサイトを簡単作成

 

SNSシェアボタン設置プラグイン「WordPress Share Buttons Plugin – AddThis」

SNSシェアボタンを設置できるプラグインはたくさんありますが、デザイン表示速度カスタマイズ性SNSの種類、を比較したとき総合得点が一番高かったのがWordPress Share Buttons Plugin – AddThisになります。

また、シェアボタンのアクセス解析ができるのも人気の理由です。

 

コンテンツスライダー設置プラグイン「Smart Slider 3」

Smart Slider 3は、コンテンツスライダー機能を拡張できるプラグインです。

スライダーにテキスト、バナー画像、リンク、などを配置して、一定間隔で表示を切り替えることができます。

Smart Slider 3には有料版と無料版がありますが、無料版でも十分すぎるほど高性能なので、是非使ってみてください。

 

予約システム設置プラグイン「Salon Booking」

散髪屋さんへ導入する目的で作られた予約システムのプラグインがSalon Bookingです。

もちろん、散髪屋さん以外にも使うことができます。

このSalon Bookingは、予約の際に会員登録なしで予約できる作りになっているので、予約の数が増えるかもしれませんね。

 

ショッピングカート設置プラグイン「WP-OliveCart」

WP-OliveCartをインストールすると、WordPressメニューにテンプレートが表示されるようになります。

そのテンプレートに商品情報を入力して画像を挿入するだけで、商品ページのできあがり。

レスポンシブデザインを採用すると、スマホやタブレットでも最適なサイズで表示してくれます。

 

まとめ

まとめ わからなくてもとにかく入れとけばOKのプラグインは全部入れとくべし!
用途別にあれば便利なプラグインは選んで導入するべし!
プラグインはどれだけ入れても20個以内におさめるべし!

 

ってことで、今回はこの辺でオシマイにします。

最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

<おまけ効率化♪>

アフィリエイトを効率化できるおすすめ便利ツール13選