ブログ再開してテーマをSANGOに変更したのでデザインが崩れていたり開設当時の記事がメチャクチャですが、少しずつリライトしていくので温かい目で見守ってやってください

メタディスクリプションとは?クリックを誘発する効果的な書き方

 

こんぺー

はいどーも、こんぺーです

みなさんメタディスクリプションしっかり書いてますか?

ワイは書いてへんよ。書かんでも自動生成されるよってに

ともだち

という方もいるかもしれませんね。

でも、メタディスクリプションはタイトルタグと同じくらい重要で基本的な改善項目で、しっかり書くことで検索結果からのクリック率のアップが期待できます

そこで今回の記事では、クリックを誘発させるメタディスクリプションの効果的な書き方を紹介します。

さらに、記事の最後では簡単にメタディスクリプションを書けるテンプレートも紹介するので、いつも自動生成していた人は今日から自分で書くようにしてみてください。

メタディスクリプションとは?

meta description(メタディスクリプション)とは、Webページの概要をユーザーと検索エンジンに伝えるためのテキスト情報のことです。

以前はメタディスクリプションの書き方をミスるとSEOで検索順位に影響がありましたが、今はメタディスクリプションの書き方で検索順位が上がったり下がったりすることはありません。

また、メタディスクリプションは自分で書かなくても、Googleが自動で関連性がある文章を記事内から抜粋してくれますが、精度はあんまり高くありません。

そこ抜粋するのは違うやろ!?

ともだち

みたいなことがよくあるなので、メタディスクリプションはページ内容を端的に伝えられるように自分で書くのが一番です。

メタディスクリプションに設定する文字数

以前は120文字くらいがいいとされてましたが、最近は90文字くらいがいいとされてます。

理由は、スマホからだと90文字くらいしか表示されず、それ以上を超えると「…」と省略されてしまうからです。

なので省略されたらマズイ文章はメタディスクリプションの先頭付近に書くようにしましょう

クリック率がアップするメタディスクリプションの書き方

思わずクリックしてしまうメタディスクリプションを書くためのポイントが2つあります。

  1. キーワードを入れる
  2. わかりやすく要約する

1つずつ見ていきましょう。

キーワードを入れる

メタディスクリプションには、上位表示を狙っているキーワード共起語を入れます。そうすることで、ユーザーはページ内容を推測しやすくなります。

共起語がわからないという方はさきに下の記事を読んでみてください。

共起語SEOで検索順位をあげる方法

そして、キーワードや共起語は文字数オーバーしたときのことを考えて、メタディスクリプションの頭のほうに配置しましょう。

1つ注意してもらいたいのが、無理にキーワードを入れないことです。

やりすぎるとそのメタディスクリプションは使えなくなり、ページ内から自動で抜粋されてしまいます。

こうなるとメタディスクリプションを変更しても、検索結果には自動抜粋されたものが表示され続けます。

この状態を解除するにはメタディスクリプションを適切なかたちに修正して、サーチコンソールの「URLの検査」から「インデックス登録をリクエスト」しないと元に戻すことはできません。

メタディスクリプションに検索順位を形成するSEO効果はないワケですから、キーワードの入れすぎには気を付けてくださいね。

記事をわかりやすく要約する

メタディスクリプションにはページ内容を端的に “パキッと” まとめたものを書きます。

ダラダラ書いたり、記事内容とメタディスクリプションが違いすぎる場合、自動抜粋されてしまいます。

とくに注意が必要なのは、記事内容とディスクリプションが違うとユーザーの滞在時間が短くなる点です。

Googleはページ滞在時間を重要なランキング要因としてるので、SEOでマイナス評価されてしまいます。

そんなこと言われても、記事内容を端的にパキッとまとめ方がわかんねーんだよ

ともだち

そんな人のために端的にまとめられるテンプレートを下で紹介します。

メタディスクリプションの書き方テンプレート

下の書き方はどんな内容の記事でもあてはめることができます。

  1. 問題提起
  2. 結論
  3. 促し

それでは実際にこのページのメタディスクリプションをテンプレを使って書いてみます。

メタディスクリプションの書き方をご存知ですか?←問題提起

メタディスクリプションを最適化するとユーザーは記事内容を推測できるのでクリック率がアップします。←結論

是非この記事を参考にしてみて下さいね。←促し

これでジャスト90文字です。メタディスクリプションを書くのが苦手な人でもこれなら書けそうでしょ?

ほとんどがこのパターンでイケるので、ぜひ使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?ここまで、クリックを誘発するメタディスクリプションの効果的な書き方を紹介しました。

ユーザーはタイトルとメタディスクリプションから記事内容を推察するので、今まで自分で書いてなかった人も書くのが苦手だった人も、今日から自分で書いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です