インフルエンサーになるには?初心者必見9つのポイント!

2019年10月3日

こんぺい

はいどーも~、こんぺいでーす

今回のテーマは、“インフルエンサーになるには?” についてっス!

 

インフルエンサーという人達を知っていますか?詳しくは知らなくても、聞いたことくらいはあると思います。

TwitterやインスタグラムなどのSNSでデカい影響力と知名度を持つ人、それがインフルエンサーです。

芸能人のインフルエンサーもいますけど、ほとんどのインフルエンサーはもともと一般人をやってました。

 

そして近年、

 

“インフルエンサーになりたい!”

 

という若者が増えていて、なかには小学生が

 

“将来の夢はインフルエンサーになりたいです”

 

もしボクが小学生のころに同じこと言ったら、きっとオカンに

「そんなんなったら予防注射で死ぬやないの!アホことばっかり言うてんと早よっ寝ぇ!11時いうたら夜中やでぇ!」

と、一蹴(いっしゅう)されてるんでしょうね。

 

ということで、今回は若者があこがれる職業(?)インフルエンサーになるためのポイントを9つご紹介します。

 

 

インフルエンサーとは?

Wikipediaによると、

インフルエンサー (英: influencer)とは、社会に与える影響力が大きい行動をおこなう人物のこと。

英語で”influencer“は、「影響者」という意味がある。

引用元:Wikipedia

 

と、書かれてます。なるほど、インフルエンザは関係ないんですね。

そして、ネット上でいうインフルエンサーは、SNSなどを通して消費者の購買行動に影響を与える人物のことを指します。

 

それではここからインフルエンサーの

  1. 仕事内容
  2. 収入
  3. とくに知名度のあるインフルエンサー

これらを1つずつ見ていきましょう。みんなが憧れる理由がわかりますよ。

 

 

1. 仕事内容

企業の商品を宣伝して広告料をもらうのが主な仕事内容です。

そのほかには、

  • モニタリング・・・化粧品やアプリゲームを継続的につかって感想を投稿する
  • 旅記事・・・クライアントが経営するホテルや旅館に宿泊して感想を記事にする
  • 芸能関係・・・企業のモデルとして撮影した写真を自分のメディアに投稿する。インスタのインフルエンサーに多い
  • アフィリエイト・・・インフルエンサー兼アフィリエイター

 

クライアント(広告主)からしても芸能人を使うよりインフルエンサーを使うほうがコスパがいいんでしょうね。

 

2. 収入

インフルエンサーの収入はランクによってかなりの差があって、ランクはフォロワー数で決まります。

お笑い芸人の「渡辺直美さん」は、インスタのフォロワー数「812万人」を誇るトップインフルエンサーです。

もし渡辺直美さんに商品を宣伝してもらうとすると、どれくらい広告料が必要なのか?

インフルエンサーにインスタ投稿をお願いする場合、“1投稿=フォロワー数×1円” と言われてます。

 

つまり、渡辺直美さんに1投稿お願いしたいなら、“812万円” 必要ということになりますね…。

そりゃ小学生もインフルエンサーなりたがるわ(笑)

 

話をインフルエンサーの収入にもどします。

インフルエンサーの平均月収は127,928円で、割合としてはこんな感じです↓

月収30万円以上のインフルエンサーが「9%」もいるのがすこしビックリ。

余裕でインフルエンサーだけでご飯たべていけますね。

 

3. とくに知名度があるインフルエンサー

インフルエンサーには2パターンあります。

  • 一般人がインフルエンサーになる
  • 芸能人・モデルなどの有名人がインフルエンサーになる

渡辺直美さんはもとから有名人パターンですね。

 

はいそこで、現在も活動しているインフルエンサーにどんな人がいるのか見てみましょう。

まずは有名人がインフルエンサーになったパターンからどぞっ。

<有名人>

人物 フォロワー数 メディア
ジャスティン・ビーバー 1億500万人 Twitter
水原希子 504万人 インスタ
ローラ 499万人 インスタ
木下優樹菜 467万人 インスタ
佐々木希 339万人 インスタ
 
 

<一般人>

人物 フォロワー数・チャンネル登録数 メディア
ヒカキン 1400万人 YouTube
ヒカル 290万人 YouTube・Twitter
ラファエル 210万人 YouTube・インスタ
イケハヤさん 19万人 Twitter・ブログ・YouTube

 

我らブロガーの大先輩、「イケハヤさん」でフォロワー数19万人なのに、それを軽く超えるヒカキン・ヒカル・ラファエル。

やっぱり今はYouTubeがアツイんですね。はやく参入せねば・・・

 

 

【9POINT】インフルエンサーのなり方を解説!

 

インフルエンサーになる方法は9つ。

  1. メディアを決める
  2. 得意ジャンルを攻める
  3. 同じメディアの競合リサーチ
  4. キャラを立てる
  5. 実績を売り込む
  6. 大物インフルエンサーと絡む
  7. 投稿する時間を決める
  8. アクセス解析をする
  9. 継続する

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

1. メディアを決める

メディアというのは、Twitter・インスタ・YouTube・ブログなどのことで、どのメディアでインフルエンサーを目指すのか決めます。

 

選び方は、すでにアカウントを持っていたり、更新するのが苦にならないものを選ぶとうまくいきやすいかなと。

そして、1つ目のメディアが育つまでは “あれもこれも” 手を出さないこと

どれも成功しない、もしくは成果が出るまで時間がかかるからです。

 

ただし、本命のメディアを宣伝するために違うメディアを使うのはOK。

たとえば本命がYouTubeだとすると、Twitterのプロフや固定ツイートに自分のチャンネルURLを載せとけばアクセスを流せますね。

 

ちなみにですけど、YouTubeはこれから伸びしろがデカいと言われてます。

理由は、2020年から始まる「5G」です。

5G回線は通信速度がメチャクチャ速くて、2時間の映画をたった3秒でダウンロードできるとか。

ここ最近、YouTubeデビューする人が多いのはこういう背景があったワケです。

 

2. 自分が得意とするジャンル・分野で攻める

インフルエンサーになるには、何かしら発信していくことになります。

その際に発信するジャンルは、自分の得意な分野詳しい分野を攻めるのがポイント。

釣りが趣味の人ならおすすめの釣り場やルアーを紹介したり、食べるのが好きな人なら美味しいお店や料理の作り方を紹介したりする感じです。

もし自分が興味のない分野、もしくはあんまり知識がない分野で始めると、すぐネタ切れを起こします

 

まあ、ネタ切れは死ぬほど考えれば解決しますけど、厄介なのは発信するのが苦痛になることです。

人間なかなかツラいと感じることを続けられません。

でも、得意分野や趣味に関する発信だったらどうですか?そこまで「苦しい・・・」と感じることなく発信できそうでしょ?

発信する内容やネタも、ポコポコ出てきます。

 

なので、自分の趣味や興味のあることを片っ端から紙に書き出してみて、その中から長期にわたって発信できそうなものをジャンルに採用するといいですよ。

 

3. 同じメディアのインフルエンサーをリサーチする

メディアと発信するジャンルが決まったら、同じメディア・ジャンルで活動してるインフルエンサーをリサーチします。

リサーチなしでいきなり発信しても上手くいかないし、何をどんな感じで発信すればいいかわからないですよね。

 

リサーチする項目が、

  • どんなインフルエンサーがいるのか
  • どんなことを発信しているのか
  • 発信に対するフォロワーの反応
  • フォロワーはどんな情報を求めているのか

 

とくに重要なのが、“フォロワーはどんな情報を求めてるのか?” です。

ここがクリアできないとインフルエンサーは厳しいかもしれません。

そして、有名インフルエンサーになればなるほど、フォロワーのニーズをよく理解してます。

ニーズを満たす発信が “バズる” コンテンツを生み、バズるコンテンツがフォロワーを獲得することもよく知ってます。

 

とはいえ、はじめから完璧なリサーチをするのはムズイので、まずはどんなインフルエンサーがいて、どんなことを発信をしてるかチェックしてみましょう。

ブログの読者ニーズを満たす方法を解説した記事が参考になるので、そっちもあわせて読んでみて下さい。

検索意図の調べ方と分析方法【検索ニーズ全7パターン】

 

4. キャラを確立させる

 

キャラを確立することでファン(フォロワー)を獲得しやすくなります。

漫画の登場人物のキャラ設定がしっかりしているのは、読者の共感を得てストーリーに引き込むためです。

メディアでも同じことがいえます。

では、メディアでキャラを立てるにはどうすればいいのか?

 

たとえば、アイコン画像を誰が見てもすぐに “この画像は○○だ!” とわかるようにしたり毎回同じ決めゼリフや挨拶を用意したりなど。

また、見た目や容姿でキャラを立てることもできます。

たとえば、ユーチューバーのヒカルさんだと、「黒と金のツートンの髪色」

ラファエルさんだと、「常に白の仮面をつけて素顔が不明」

みたいな感じですね。

 

キャラがしっかり立ってなくてもインフルエンサーになれますけど、キャラ設定ができてるほうがフォロワーを獲得しやすいのは事実です

 

5. 数字の実績を売り込む

ブログのPV数や、1か月の収益、フォロワーの数、YouTubeの登録者数などの実績を売り込みましょう。

なぜかというと、数字は人を説得させる力を持ってるからです。

 

たとえば、Twitterのフォロワー数が1ヶ月で10人から100人に増えたというのも、立派な実績になります。

あるキーワードで検索順位1位を獲得した、というのも実績です。

というように、小さな数字であっても見ている者に「リアリティ」を与えることができるので、数字の実績はドンドン売り込むようにしましょう。

 

6. 大物インフルエンサーと絡む

フォロワーを獲得するにあたって、即効性がありもっともデカい効果が期待できる方法が、大物インフルエンサーと絡むことです。

要は、他人のふんどし(しかも横綱)で相撲をとらせてもらおうぜ!ということやね。

で、大物インフルエンサーと絡める機会が多いのがTwitterです。

 

Twitterで大物インフルエンサーと絡みたいなら、

  1. まずはフォローする
  2. つぶやきに対して積極的にいいね!やコメント(リプ)をする
  3. つぶやきを自分のコメントを付けてRT(引用リツイート)する

はじめは全く相手にされないですけど、根気よく続けてると相手に自分の存在を認識してもらいやすくなります。

“ん?最近よくこの人見るなぁ。” みたいな感じで。

 

ただし、大物インフルエンサーと絡んで得られるメリットは明らかにこちらの方が大きいので、相手にもメリットを与えてあげないといけませんよ

たとえば、本人を取材して宣伝の機会を与えてあげたり、インフルエンサーの商品やサービスを紹介したりなど。

紹介の仕方にもコツがあって、自分のコンテンツにして紹介することで、インフルエンサーだけじゃなくユーザーからもRT(リツイート)してもらえます

 

今からブロガーを目指すなら、Aさんの “○○” という本を読んでみてください。

テクニック的なことはもちろんのこと、ブログを成功させるための心構えについて解説されてます。

すでにブログをやってるけど、なんか上手くいかない人にもおすすめです。

みたいな感じです。こういう書き方をするとユーザーも反応してくれます。

 

 

7. 投稿する時間を決める

TwitterでもYouTubeでもコンテンツを投稿する時間を決めます。

なぜ同じ時間に投稿するのかというと、決まった時間に必ず投稿することでユーザーに一種の安心感を与えられるからです

“この時間にあの人のアカウントに行けば必ず新しい発信がされてる” みたいな。

 

そして、ユーザーの安心感はやがて「習慣」に変わります。

 

決まった時間が来ると習慣的にあなたのアカウントを見に来てくれる人(あなたのファン)が増えていくと、はい、インフルエンサーのできあがり。

 

“ファンを制す者はインフルエンサーを制す” 

 

うんうん。恐ろしいくらいにキマッたところで次に進みたいと思います。

 

8. アクセス解析をする

今までの発信数とフォロワー数が増えてきて、“アカウントが育ってきたな~” と感じるようになったぐらいから、アカウントのアクセス解析をはじめましょう。

アクセス解析でこんなことがわかります↓

  • どれくらいコンテンツが見られているのか
  • どんな発信のエンゲージメント(いいね!・コメント・RT)が高いのか
  • ユーザーの年齢・性別

 

なんとなく、“ユーザーはこんなコンテンツを求めてるんだろうなぁ” という予想に近い考えが、データを数字で見ることで “ユーザーが求めてるコンテンツはこれや!” と明確にわかります。

 

そして、アクセス解析につかうツールはメディアによって違いありです。

  • Twitter:機能にある「アナリティクス」をつかう
  • YouTube:Googleアナリティクスをつかう
  • インスタ:機能にある「インサイト」をつかう

 

ただし、アクセス解析はある程度の数値が溜まらないとできません。

メディアごとの数値の目安が、

  • Twitter:1500人~/フォロワー
  • YouTube:1万人~/チャンネル登録者
  • インスタ:1500人~/フォロワー

つまり、これくらいからアクセス解析をはじめればOKです。

 

YouTubeにつかうGoogleアナリティクスの登録や使い方を解説してる記事もあるので、そっちもあわせて読んでみてください。

ブログのアクセス解析ツール比較【おすすめは3つだけ!】

Googleアナリティクスの見方【初心者だってアクセス解析やりたい】

 

9. とにかく継続する!

ここまで解説した1~8のポイントをすべて完璧にやったとしても、この “9つ目のポイント” ができないとインフルエンサーにはなれません。

インフルエンサーになるには時間がかかるので、1~2ヶ月やって “全然なれねぇじゃねーか!ヤメるぜダンカンこのヤロー!” みたいになったらダメですよ。

 

また、偶然コンテンツがバズって一時的にフォロワーが増えることがあります。

ここで “俺様もついにインフルエンサーだぜぇ!グヘヘ” と、安心して発信をヤメれば “秒” でフォロワーは離れていきます。

 

なので、フォロワーが増えるのに時間がかかっても、フォロワーが増えても、インフルエンサーになったとしても、コツコツ発信し続けることが大切です。

 

まとめ

まとめ

インフルエンサーは消費者の購買行動に影響を与える人のことをさす

インフルエンサーが活動する場所はYouTube・Twitter・インスタなどのSNS

インフルエンサーの主な仕事は企業の広告で、収入は月30万以上稼ぐインフルエンサーが全体の9%も存在する

インフルエンサーになるには自分の得意分野でコツコツ発信し続けること

 

ってことで、今回も最後までありがとうございました(人∀`●)

 

「アフィリエイト完全マップ」と題して、アフィリエイトの始め方から稼ぎ方までわかる “アフィリエイトまとめ記事” を用意したので、そっちもあわせて読んでみてください(*´罒`*)