強調スニペットとは?検索結果に表示させるためのコツ

こんぺい

はいどーも~、こんぺいです。

今回のテーマは、“強調スニペット” についてです!

 

強調スニペットは、検索結果で1位のサイトの上に出てくる例のアレです↓

このように1位のサイトの上に表示されるので、“0位” ともいえますね。

自分のサイトがスニペットに採用されるとアクセスが爆増することは言うまでもありません。

ところが、Googleは強調スニペットの表示させるための対策を公開してないっていうね・・・

 

しかし、あきらめるのはまだ早い!

Google公式サイトや強調スニペットが採用されているページを分析することで、とるべき対策が見えてくるワケだ!

てことで、今回の記事では強調スニペットに自分のサイトが表示させる確率をアップさせるコツを紹介したいと思います。

 

 

強調スニペットとは?

強調スニペットとは、ユーザーが質問形式の検索をおこなった際に、答えとなるWebサイトを検索結果の最上部に強調して表示させる仕組みのことです。

質問形式の検索とありますが、“強調スニペットとは?”“SEO対策とは?” のように「とは?」をつけなくても、強調スニペットとして表示されることもあります。

 

これは、「SEO対策」と検索するユーザーの何割かは “SEO対策ってどういう意味?” という意図で検索しているとGoogleが自動で判断するためです。

こうして強調スニペットとして表示する理由は、質問に対する答えを先回りして用意しとくことでユーザーの利便性が向上するからです。

Googleはユーザーファーストを徹底してますね。

強調スニペットは、ユーザーの探している情報が見つけやすくなると判断された場合に表示され、実際にリンクをクリックしたときの内容やページに関する説明を見ることができます。モバイルや音声で検索を行うユーザーに特に便利な機能です。

引用元:Google の強調スニペットの仕組み

 

というように、強調スニペットに自分のWebサイトが採用されると、検索1位のページと同等のアクセス流入が期待できるわけです。

さらに、ドーンと目立った場所に表示されることによるブランディング効果もあるので、その分野での権威性アップも期待できます。

 

強調スニペットの表示パターン

強調スニペットの表示パターンはボクが確認しただけで4つあります。

  1. テキストと画像で表示
  2. 表で表示
  3. リストで表示
  4. 動画の表示

おそらく他にも色々なパターンがあると思われます。

それでは4つの表示パターンを1つずつ見ていきましょう~

 

テキストと画像

一番オーソドックスな表示パターンがテキスト&画像です。

テキストは「pタグ」の文章から抽出されます。

そして画像はテキストと同じサイトからのこともあれば、別のサイトから抽出されることもあります。

 

引用元:SEO HACK

チケット料金の相場が一覧表で表示されてますね。

この一覧表は1位のページ内で使われている表の一部が抽出されています。

ちなみに、なぜ「SEO HACK」さんから画像を引用させてもらったのかと言うと、”まっっったく” 表で表示されてる強調スニペットが見つけられなかったからです(泣)

SEO HACKさんマジリスペクトっす!

 

リスト

引用元:SEO HACK

Apple IDの変更手順がリストで表示されてますね。

こちらもページ内のリストタグから一部を抽出したものです。

 

動画

曲名やアーティスト名で検索すると、YouTube動画が一番上にスニペットで表示されます。

ここまで正確に出てくると “スゲエ~!” を通り越して気持ち悪さを感じるのは僕だけですかね?

 

強調スニペットとナレッジグラフの違い

強調スニペットとよく似たものに “ナレッジグラフ” というのがあります。

2つの違いはと言うと、表示する情報の取得する仕組みです。

強調スニペットは、クエリに対する答えをWebページに書かれている情報の一部を抜粋して表示しているのでしたよね?

いっぽう、ナレッジグラフは「人・場所・組織・作品・物」などのあらゆる情報を格納している「ナレッジグラフ」と呼ばれる格納庫から、クエリに対する答えを引っ張り出して表示しています。

 

自分でもビックリするくらい上手く説明することができてないので、

  • 強調スニペット→検索結果の一番上
  • ナレッジグラフ→検索結果の右サイド

という具合に覚えていただけると物凄くありがたいです。

また、スマホ表示だとナレッジグラフは検索結果の一番下に回り込みますが、強調スニペットは変わらず一番上に表示されます。

 

検索結果に強調スニペットを表示させる方法

Googleは強調スニペットの表示について公開していないとはいえ、質問に対する答えをWebページから抽出して表示していることくらい、コッチもわかっとるワケです。

そこさえ分かれば、あとはSEO研究員たちが答えを見つけてくれます。

で、その研究員たちが見つけてくれた “答え” をここで紹介するのが僕の使命というワケです。

いやぁ~研究員さんマジリスペクトっす!

 

まずはSEO対策で上位表示を目指すべし

強調スニペットとして抜粋されるのは、1~10位までのページからです。

つまり、SEOを駆使して上位表示させないことにはお話しにならないというワケです。

上位表示させるためのSEOは下記記事を読んでマスターしてください。

サーチコンソールをSEOに活用して検索順位を上げる方法

共起語SEOで検索順位を「グングン!」あげる方法

検索意図の調べ方と分析方法【検索ニーズ全7パターン】

 

Q&A形式にするべし

強調スニペットは質問に対して簡潔な答えを表示するので、記事内でQ&A形式をとるようにしてください。

“簡潔な答え” のいい見本がWikipediaです。Wikipediaの書き方に寄せると強調スニペットに採用されやすくなります。

 

ちなみに、この記事の一発目のh2タグが「強調スニペットとは?」で、その始まりの2行が「強調スニペットとは、ユーザーが質問形式の検索をおこなった際に、答えとなるWebサイトを検索結果の最上部に強調して表示させる仕組みのことです。」と、ちょっと固い “らしくない” 書き方をしてることにお気付きだったでしょうか?

これは、 “完っっ全に” 強調スニペットを狙っているものの、まず採用されることがない恥ずかしいサマをあらわしている一文です。

 

みなさんはこんなハズイことにならないように、「見出しで質問→本文で簡潔な答え」で強調スニペットを目指してください。

 

適切にHTMLタグでマークアップするべし

強調スニペットに採用されるコツが、クローラーが記事の内容を理解しやすいようHTMLタグをマークアップすることです。

なにかと抜粋される機会が多い “見出し” は、しっかりhタグでマークアップしてやることで「なるほど。ここが見出しか。よし、抜粋抜粋っと。」という感じでクローラーは理解します。

hタグの適切な使い方は下記を参照くださいませ~

hタグのSEO効果がある使い方【h1~h6見出しタグを最適化】

 

そして、マークアップするのは見出しだけではなく、”表” や “リスト” も同じです。

表→”tableタグ”

リスト→”li・ul・olタグ”

このように適切なHTMLタグのマークアップでクローラビティを向上させることが強調スニペットで表示させるコツです。

 

採用中のスニペットの文章に寄せるべし

すでに採用中の強調スニペットは、質問に対する答えがもっとも的確でユーザーの利便性向上につながっているとGoogleが判断した “答え” なわけです。

ということは、もっとも利便性が向上しているその強調スニペットに寄せた書き方をすることで、自分のWebページもスニペットに表示される確率がアップします。

寄せた書き方を考えるのは簡単なことではありませんが、表示されるように意識して記事を書く価値は強調スニペットにはありますよ。

 

強調スニペットは突然変更されることがある!

Googleアルゴリズムの変化や、表示中のWebサイトの質が低下した場合、いきなり強調スニペットが変更されることがあります。

そして、いきなりの強調スニペットの変更は、新たな高品質なページの登場でも起こります。

つまり、高品質ページの作成に尽力しつづけることで我々にもチャンスが巡ってくるんです!

われわれ平民が強調スニペットを勝ち取るには地道で泥臭いやり方しかありません。

繰り返しになりますが、強調スニペットの恩恵はかなりデカいので泥をすすってでも狙う価値ありですよ!

さぁ、Let`s ジュルジュル!

 

まとめ

まとめ

強調スニペットは検索結果1位の上に表示されるので、採用されると1位と同等のトラフィック流入が期待できる

強調スニペットに表示されるためには、クエリに対する簡潔な答えを用意すること

強調スニペットが表示されるクエリはこれから増加していく傾向にある

 

ってことで、今回も最後までありがとうございました(人∀`●)

 

「SEO対策完全マップ」と題して初心者がイチからSEOを学習できる、”SEO対策まとめ記事” もあるので、そっちもあわせて読んでみてくださいな~