初心者は特化ブログか雑記ブログどっちでやるべき?

こんぺい

はいどーもーこんぺいです。

今回は、”初心者ブロガーは特化ブログか雑記ブログどっちでやるべきか” についてっス!

 

今からブロガ―を目指す人が、まず初めに考えることが、

 

特化ブログか雑記ブログどっちではじめようかな?

 

じゃないですかね?

先に結論をいうと、ブログ初心者におすすめなのは特化ブログと雑記ブログの “いいとこどり” した「ハイブリッドブログ」です。

特化ブログのアクセスの集めやすさと、雑記ブログの記事ネタの豊富さをあわせ持ったハイブリッドブログが今かなりキテます!(個人的に)

 

ということで今回は、

  • ハイブリッドブログとはどういうものなのか?
  • 実際にどうやって作ればいいのか?

このあたりを深掘り解説します。

 

 

特化ブログと雑記ブログとは?

おさらいを兼ねて、まずは特化ブログと雑記ブログの特徴を簡単に説明したいと思います。

 

特化ブログのメリット・デメリット

特化ブログのメリット

  • 読者のブログ回遊率が高い
  • 記事が書きやすい
  • 膨大なアクセスがなくても収益化が可能

 

ブログで扱うテーマが1つなので、「読者=テーマに興味がある人」ということになりますよね。

つまり、ブログ記事すべて読者が興味ある記事なので、2ページ3ページと読んでもらえる可能性が高いです。

また、テーマに関係するASP広告を貼れば成約しやすいので、アドセンスみたいにアクセスを必要としません。

 

では続いてデメリットを見てみましょう。

 

特化ブログのデメリット

  • テーマが1つなのでネタ切れしやすい
  • Googleアップデートで一発終わる可能性がある
  • 需要のないテーマだとまったく稼げない

 

書けるテーマが1つだけなのでネタ切れしやすいです。また、需要がすくないテーマだと誰もブログを読みに来ません。

そして、一番こわいのがGoogleアップデート。テーマが1つなので、上がる場合も下がる場合もブログごと変動します

悪いほうに巻き込まれたら一撃で終わります。

 

雑記ブログのメリット・デメリット

雑記ブログのメリット

  • なんでも書けるので続けやすい
  • 初心者でも始めやすい
  • たくさんアクセスを集められる

 

雑記ブログ最大のメリットは、記事ネタがほぼ無限にあること。基本なに書いてもOKなので初心者の人でも始めやすく続けやすいです。

また、きちんとカテゴリー分けして記事を増やしていけば、カテゴリーごとに興味のある読者が集まります。つまり、カテゴリーの数だけアクセスを集めれるということです。

 

続いて雑記ブログのデメリットを見ていきましょう。

 

雑記ブログのデメリット

  • 記事の管理が難しい
  • カテゴリー分けをミスるとSEOが強くならない
  • 読者のブログ回遊率が低い

 

単純に記事の管理がむずかしいです。

また、カテゴリー分けがきちんとできてないバラバラの記事がどれだけあっても、SEOが分散してブログ全体のSEOが強化されません。

そして、読者の興味ある記事ばかりということではないので、回遊率は低めです。

 

===============

はい、ざっくり特化ブログと雑記ブログの特徴をわかってもらえたでしょうか?

それではここから本記事のメインディッシュ、「ハイブリッドブログ」について解説していきます。

 

 

ブログ初心者は特化ブログと雑記ブログのハイブリッドがおすすめ!

ハイブリッドブログの特徴と、作り方を

  1. ハイブリッドブログの特徴
  2. 扱うテーマの数
  3. テーマ同士の関係性
  4. 扱うテーマについて
  5. 競合調査

上記5つのパートにわけて解説します。1つずつ見ていきましょう。

 

1. ハイブリッドブログの特徴

ハイブリッドブログの特徴は、

    • 記事ネタがなくなりにくい(雑記ブログのメリット)
    • カテゴリー分けで読者の住み分けをすることでアクセスが増える(雑記ブログのメリット)
  • 読者のブログ回遊率が高い(特化ブログのメリット)
  • ASP広告も成約しやすい(特化ブログのメリット)

 

こうして見るとハイブリッドブログ素晴らしいっスね!いいことばっか!

 

2. 扱うテーマは3~5つまで!

ハイブリッドブログで扱うテーマ(大カテゴリー)は3~5つまでにしてください。

いくつもテーマを扱うと雑記ブログになっちゃいます。

カテゴリー分けを詳しく知りたい方は下記を参照ください。

ブログのカテゴリー分けはなぜ必要?正しいカテゴリーの分け方

 

3. テーマ同士は関連性があるほうがいい

テーマ同士(カテゴリー同士)がなんの関連性もないより、関連性アリのほうが読者とSEOに効果的です。

効果的な理由は、読者の回遊率がアップすることと、「テーマA × テーマB × テーマC」みたいにSEOの掛け算が可能になるからです。テーマに関連性がないと掛けることはできません。

 

4. おすすめブログテーマ

  • メンズ美容(マナブさん推し)
  • マリファナ産業(マナブさん推し)
  • ペット
  • ギャンブル

 

メンズ美容とマリファナ産業はマナブさん推しのこれから狙い目のテーマなので鉄板です。すーぐマネしましょう!

 

ここからはボク推しの案件です。

ペットといっても犬や猫などいろいろな動物を扱うんじゃなくて、犬なら犬だけ。猫なら猫だけ。

犬だけだったら特化ブログじゃねーかクソが!」と、思いましたか?

そうなんです。たしかにボク自身はクソですが、特化ブログとは言えないですよ。だって犬といっても、

  • 犬種
  • しつけ方法
  • ドッグフードの種類

 

など、特化ブログ単体でもイケるくらいデカいテーマがあるからです。

なのでブログテーマを犬にして、大カテゴリーを犬種・しつけ・ドッグフードの3つにわけます。

そして3つのカテゴリーのなかにもう一つカテゴリーを作ってやるとかなりたくさん記事が書けそうじゃないですか?

収益ポイントはドッグフード販売のアフィリですね。

 

ギャンブルも考え方は同じなんですけど、企業が参入しにくいテーマなんでおすすめです。

企業が参入しにくいとなにがいいのか?

企業は資金力があるので一日に何十本と記事を投下してきます。なんやかんや、記事数が多いサイトはSEOが強いです。個人 vs 企業にもちこんだら勝ち目ゼロっす。

 

あと、先を見据えてカジノがテーマのブログもおすすめです。国営カジノがスタートしたときのことを考えて今から作っておくみたいな。

 

 

5. テーマが絞れたら競合調査

テーマ候補をUbersuggestなどのツールを使って検索ボリュームや競合の強さ(SEO難易度)を調べます。

検索ボリュームは1~3万くらいの競合が弱いテーマがおすすめ。

検索ボリュームが多いほどテーマの需要が高いということですけど、それだけサイトの数も多いので上位表示がムズかしくなります

 

そして最後に検索エンジンを使って検索上位の同じテーマのサイトがどのくらいページ数があるかチェックします。

このチェックで “そのテーマで上位表示するのに必要な記事数” がボンヤリ見えてきます。

上位10サイトのページ数の平均が1000とか2000とかだと、そのテーマはヤメといたほうがよさげ。

初心者は平均ページ数に到達するまえに消耗して力尽きます。

 

サイトのページ数をチェックする方法が、検索ボックスに「site:○○.△△」で検索します。

〇〇には調べたいサイトドメインの「https://」から後ろを入力してください。

赤線で囲まれた「125」というのがページ数になります。

 

まとめ

まとめ

ブログ初心者は特化ブログと雑記ブログのメリットだけをとったハイブリッドブログがおすすめ

ブログで扱うテーマは3~5つまでにとどめる

テーマ候補の競合調査をお忘れなく

 

ってことで、今回も最後までありがとうございました(人∀`●)

 

アフィリエイトの始め方から稼ぎ方まで解説した「アフィリエイト完全マップ」もあわせて読んでみてくださいね。