アフィリエイトで売れる商品の選定方法【7つの選ぶコツ】

2019年12月13日

スポンサーリンク

こんぺい

はいどーもーこんぺいです~ 今回の記事はこんな人にオススメです‼

 

なんでアフィリエイトは商品選びが必要なんだろ?

売れる商品の選定方法が知りたい!

 

師匠

商品選びは収入に直結するから失敗せんようにな‼
スポンサーリンク

アフィリエイトの商品は売りたいものより売れるものを選ぶ

アフィリエイトの商品を選ぶ際に、自分が『売りたい』ものを売ってませんか?売りたい商品が売れる商品のこともありますが、選定方法としてはNGです

『売りたい商品=売れる商品』じゃないんですね。

せっかく記事が上位表示しても、紹介してるのが一部の人にしか需要のない商品だとしたら、全く売れません。この経験は僕もありまして、検索1位を獲ったにもかかわらず需要が少なすぎるせいで全然売れず、ごっつ悔しい思いをしました。

あなたはこんな経験しなくていいので、この記事から売れるアフィリ商品の選定方法を持って帰ってください。

ちなみにですが、アフィリ初心者の方は商品選びをする必要はありません。

理由は、商品を決めてもそこから逆算でライティングできないから。商品ありきで記事を書くわけだから、文章構成や購入の導線をしっかり張る必要があります。

初心者の人はなかなかそこまで出来ないんで、商品選定は月間3万PVくらいある中級者の人を対象としたテクニックです。

ライティングについて知りたい方はこちらを参照ください~~

【Webライティング基礎入門】初心者は6つの型を覚えよう!
ブログ記事の書き方|アフィリエイトが売れるライティングテクニック

 

アフィリエイトで売れる商品選定の極意

ここからは売れる商品の探し方を具体的に解説していきます。

  1. 検索ボリュームがある商品を選ぶ
  2. 虫眼鏡キーワードがある商品を選ぶ
  3. ASPの売れ筋ランキングの商品を選ぶ
  4. 報酬単価が高い商品を選ぶ
  5. 稼げる商品ジャンル・分野を選ぶ
  6. 成果地点が低い商品を選ぶ
  7. 承認率が高い商品を選ぶ

 

ポイントは上記7つ。1つずつ詳しく見ていきましょうタタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

 

1.検索ボリュームがある

上位表示できても、そもそも検索ボリュームがない商品だと売れません。需要が少ないんですね。

逆に検索ボリュームが多すぎる商品だと、競合ライバルが強いから初心者の人はなかなか上位表示できないワケですが・・・。

じゃあどのくらいの検索ボリュームの商品がいいのか?

ズバリおすすめは1000~3000くらいです。さらに、競合が『弱』か『中』であることも重要ですね。

検索ボリュームを調べるツールはウーバーサジェストがおすすめ。キーワードプランナーより使いやすいです。

スポンサーリンク

2.Yahoo!虫眼鏡キーワードを使う

虫眼鏡キーワードとは、Yahoo!検索した時に表示される‷関連キーワード‴のことです。直近でよく検索されてる関連キーワードなので、Googleサジェストに近い性質があります。

この虫眼鏡キーワードはMaxで10個まで表示され、知名度や人気があるキーワードほど多く表示される仕組みです。逆に虫眼鏡キーワードが少なかったり、ゼロだったりする場合、そのキーワードは人気がなく検索する人が少ないということがわかります。

アフィリの商品選びの際は、虫眼鏡キーワードが多いものを選びます

『虫眼鏡キーワードが多い=人気があるトレンドなキーワード』

アフィリ商品は知名度があればあるほど売りやすいことを覚えておきましょう~~

 

3.ASPの売れ筋ランキングを見る

これはA8.netの人気プログラムの画面です。ここに掲載されてる商品はよく売れる商品ばかりなんで、ライバルもいるかわり検索上位を獲ることができた時はデカく稼げます

何度も言うようですが、アフィリエイト商品はよく売れてる人気と知名度があるものじゃないとダメっす

カテゴリ別の売れ筋ランキングもあるので、1つのカテゴリの商品ばっかり攻める戦術もありΣd(´∀`)イイ!

ちなみにA8.net以外のASPにも人気おすすめプログラムみたいなのはあります。

国内主要ASPは下記を参照ください~~

【’19下半期】アフィリエイトASPおすすめ13選|複数登録がマスト

 

4.報酬単価が高い商品を選ぶ

サイトのアクセスがあまり無くても、報酬単価の高い商品ならアクセスの少なさを金額でカバーできます。つまり、サイトアフィリエイトの稼ぎ方ですね。

ただし、報酬単価が高い商品は『何かある』ことが多く、承認率・成約率が低かったり成果地点のハードルが高かったりするんで、そのあたりを天秤にかけて考えてみましょう。

また、物販アフィリより情報商材アフィリのほうが報酬単価が高いことも覚えておきましょう~~

 

5.稼げる商品ジャンル・分野を狙う

例えば『モグワン』というドッグフードがごっつ売れたとします。この場合に考えられることは、

  1. モグワンが飛びぬけるくらい優秀なドッグフードだから売れてる
  2. モグワンがというより、健康志向のドッグフードが世間で関心を集めてるから売れた

 

もし売れた理由が『2』なら、ドッグフードのジャンル・分野を横展開させることで他のドッグフードもバカ売れする可能性があります

ただし、競合ライバルが強すぎるジャンルや分野の場合はこの戦略が使えません。単純に太刀打ちできないから。

狙い目のジャンルについてはこちらで紹介してるんでまた見ておいてください~~

【2019最新版】アフィリエイトの初心者でも儲かるジャンル19選

スポンサーリンク

6.成果地点が低い商品を選ぶ

成果地点とは、報酬が発生する契機になるアクションのことです。通常、成果地点は商品が買われた時のことが多いですね。

しかし、なかには成果地点が低いジャンルがあって、それはズバリ『スマホアプリ』のアフィリエイトです。

スマホアプリの成果地点で多いのが、『無料インストール後にアプリを起動』なので、けっこう簡単に報酬が発生します。

ただし、1件あたりの報酬単価が低く設定されてるため、件数がないとなかなか稼げないというデメリットがあります

スマホアプリのアフィリが気になる方は下記を参照ください~~

【激熱!!】アプリ系のアフィリエイトで稼ぐ方法と登録ASPも解説!!

 

7.承認率が高い商品を選ぶ

アフィリエイトは成果が発生したらその分の報酬がぜんぶ振り込まれるワケではないんです。ぼくも初め「はぁ~!?」ってなりました(笑)

発生した成果は、ASPが広告主の設定する成果地点にちゃんと到達してるのか精査します。この時にけっこう蹴られることがあるんです。

蹴られる原因はいくつかありまして、

  1. 本人からの申し込み
  2. 過去に買ったことのある商品
  3. 成果が発生した記事にガイドライン違反がある
  4. システムトラブル

 

非承認になるとごっつキレそうになるんで、商品の承認率はしっかり確認しといたほうが絶対いいっすΣd(´∀`)イイ!

承認率100%となってても、実際は80%くらいですかね。

ちなみに商品の承認率は広告プログラム詳細で確認することができます。

 

【超重要】商品が決まったら記事を書きまくる

商品が決まったら、そこから逆算で記事を書きます。どういうことか手順を簡単に説明すると、

 

1.商品が決まる

2.商品リンクをクリックしてもらうための導線設置

3.導線に至るまでの商品説明や商品の効果などを書く

 

この手順で書く場合、Webライティングが出来ないとしんどいんです。初心者の人は商品選びの必要がないと言った意味がわかってもらえましたか?

「そしたらWebライティングをマスターしたろやないか!」って人は下記を参照ください~~

【Webライティング基礎入門】初心者は6つの型を覚えよう!

 

まとめ

まとめ

アフィリエイトの商品は『売りたい』ものじゃなく『売れる』ものを選ぶ

売れる商品の選定方法は、

  • 検索ボリュームがある
  • 虫眼鏡キーワードがある
  • 売れ筋ランキングの商品を選ぶ
  • 報酬単価の高い商品を選ぶ
  • 人気がある商品ジャンル・分野を選ぶ
  • 成果地点の低い商品を選ぶ
  • 承認率の高い商品を選ぶ

商品が決まったら逆算で記事を書いていく

てことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

完全初心者が最短で月5万稼ぐための手順を解説した”アフィリエイト完全マップ”も読んでみてください

 

おすすめレンタルサーバー比較【速くて強くて使いやすい!】
検索順位チェックがSEOで重要な理由【おすすめツールも紹介】

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク