副業でアフィリエイトは会社にバレる確率は低いがおすすめできない

2019年7月7日

こんぺい

はいどーも、こんぺいです

サラリーマンが副業でアフィリエイトを始めると、会社にばれるんですか?

師匠

バレるとしたら税金やろな。というか、バレるばれないの前に副業でアフィリエイトをやるのはあんまりおすすめでけへんな

こんぺい

どういうことですか?

師匠

副業にアフィリエイトを選んでも、お小遣い稼ぎになりにくいからや

こんぺい

ということは、今日はそのへんについて教えてくれるんですね?

師匠

せやな。アフィリエイトを副業にする人に向けてのメッセージといった所やな

こんぺい

よろしくおねがいしまっす!

 

この記事でわかること アフィリエイトを副業にすると会社にばれるのか?

バレる確率を下げるにはどうすればいいのか?

会社員はアフィリエイトを副業にするのはおすすめできない理由

それでもやりたい人にむけたアフィリエイトを副業で始める方法

 

スポンサーリンク

会社員がアフィリエイトを副業にするのはおすすめできない理由

副業でアフィリエイトをする場合、『サラリーマン』と『主婦』とでは大きなちがいがあります。

今回お話しするのはサラリーマン(公務員をふくむ)が副業でアフィリエイトを始めることを前提としたものです。

 

サラリーマンがアフィリエイトを副業にするのはあまりおすすめできない理由は大きく2つあります。

  1. 会社が副業を禁止にしていることが多い
  2. アフィリエイトで収入を得られるようになるまで半年以上の時間と労力が必要

それではどういうことなのか、1つずつ見ていきましょう Σd(´∀`)

 

アフィリエイトは副業扱いなので会社にバレるリスクが常にある

会社によってばらつきはありますが、副業を禁止にしている会社の就業規則は以下の2パターンです。

  1. 本業に支障をきたす副業は禁止
  2. 支障の有無は関係なくとにかく禁止

1の場合はバレてしまったときにうまく言い訳をして回避することができる可能性が高い(もちろん本業に支障が出ていなないことが前提)ですが、2の場合ばれたときになんらかの処分が下される可能性があります。

バレた時はバレた時!なにがなんでもアフィリエイトで稼いだる!

そんな人のために、のちほど「バレる確率を下げる方法」を解説します(´、ゝ`)ニヤリ

 

会社員がアフィリエイトを副業にして10万稼ぐにはかなりの日数と労力が必要

アフィリエイトで稼げるようになるには『時間』がかかります。Googleに自分のサイトを認知させて、評価してもらうのに時間がかかるからです。

実際にどのくらいの時間が必要なのかは、こちらの記事を参照してください。

 

一日にアフィリエイトに費やす時間がいくらでもある人なら、正しいやり方で半年くらい続けると成果が出始めるのですが、本業がある人は一日の時間をそこまでアフィリエイトに費やすことはできないハズです。

毎日最低2時間、休みの日はずっとパソコンにかじりついたとしても、1年くらいは収入0と思っておいたほうがいいと思います。

アフィリエイトってスマホ1つで空いた時間にちょちょいとやれば、お小遣いくらいなら稼げるんでしょ?」みたいなことでは100%ないです。

甘く考えていて途中で辞める人がほとんどで、「アフィリエイトはやめとけ」でググってもらうと、その厳しさがわかるかと思います(;´-`)…。

当ブログにもその類の記事がありますので、時間のあるときにでも見てみてください。

 

副業アフィリエイトの税金は自分で確定申告することでばれる確率はさがる

副業でアフィリエイトをやっているのが会社にばれる原因は2つあって、

  1. 住民税が増える
  2. 同僚や先輩などの周囲の人間のリーク

ほとんどがこのどちらかです。しかし、対策をしっかりしておくことでバレる確率を下げることは可能。

 

まず税金の対策ですが、通常『住民税』は会社が給料から天引きして、あなたの代わりに市区町村に納付する『特別徴収』というカタチをとっています。

そして、住民税には『普通徴収』という納付方法があり、副業で発生した税金はこの普通徴収で納付することで会社にばれるのを防げます。

普通徴収で納付するには自分で確定申告に行く必要があり、確定申告書の『第二表』に「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という枠があるので、「自分で納付」欄にチェックを入れると、自分で直接納税することができます。

 

続いて2つ目の『周囲の人間からのリーク』は、誰にもアフィリエイトをやっていることを言わなければいいだけです。

どれだけ仲のいい同僚であって、良くしてくれる上司であっても、絶対に言ってはいけません。

敵をだますにはまず味方から」とはまさにこのことです。

副業でアフィリエイトの始め方&やり方

アフィリエイトは副業に向いてないとしても、やりたいんや!

そんな人もいるかと思いますので、「副業としてやるアフィリエイトの始め方とやり方」も解説していきます。

ただし、一日の時間をそんなにアフィリエイトに費やすことができないので、戦略的におこなう必要があります。

  1. 記事数を増やしてアクセスを集める『ブログアフィリエイト』より、記事数とアクセスが少なくても成約率を高めて収益をあげられる『サイトアフィリエイト』のほうが、費やす時間と労力は少なく済む
  2. 参入するジャンルはライバルの強い『激戦ジャンル』より、アクセスは少ないものの上位表示させやすい『ニッチジャンル』のほうが1サイトに費やす時間と労力が少なくて済む

 

この2点を考えると、ニッチなジャンルの商品を扱う小規模サイトかペラサイトが副業アフィリエイトに適していることがわかります。

1つのサイトに費やす時間は少なくて、成果が早く出るのが『小規模サイト』か『ペラサイト』だからです。

さらに、参入するジャンルは本業と同じ、もしくは関連のあるジャンルを選ぶとうまくいきやすいのもポイントですね。

参入するジャンルと、ペラサイトの作り方について解説している記事もありますので、くわしく知りたい方はそちらを参照してみてください ^^) _旦~~

 

公務員がアフィリエイトを副業にする場合【要注意!】

サラリーマンと公務員では副業に対する就業規制の厳しさがちがい、バレると懲戒処分を受ける可能性が高いので、正しい知識を持っておく必要があります。

また、「公務員は副業でアフィリエイトできないのですか?」といった質問は『Q&Aサイト』でもよく見かけますが、その答えはバラバラでどれが本当かわかりません。

法的なことも絡んでくるので、弁護士じゃない僕がいい加減なことを言ってそれを信じた結果、「懲戒解雇されたじゃないか!」みたいなことになっても責任を取れないので無責任なことを書くことはできません。

そこで、僕のかわりに「パシッ!」と答えてくれているサイトを見つけたので、そちらのサイトを参考にしてみてください。

[blogcard url=”https://koumuin-retire.com/316/”]

 

まとめ

まとめ 会社に副業でアフィリエイトをしてもバレる確率は低いとはいえ、バレた時のリスクは常にある

住民税を自分で確定申告することと、会社の人間は絶対に副業していることを言わなければバレる確率は下がる

副業でアフィリエイトを始めるなら、本業に近いニッチなジャンルを選んで『小規模サイト』か『ペラサイト』を運営する

公務員はしっかり知識をつけてから副業アフィリエイトを始めないと懲戒処分される可能性が高い

 

ということで、今回はこのへんでおしまいです。

最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

スポンサーリンク