ブログとサイトの違いを徹底比較!初心者がアフィリエイトするならどっち?

2019年12月13日

スポンサーリンク

こんぺい

はいどーもーこんぺいです~
今回の記事はこんな人にオススメです‼

 

  • ブログアフィリとサイトアフィリの違いが知りたい
  • アフィリエイト初心者はどっちがいいのか知りたい
  • 自分はサイトアフィリかブログアフィリかどっちが向いてるのか知りたい

 

スポンサーリンク

ブログとサイトの違いを比較解説します

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの違いはたくさんありますが、一番は収益方法です。

  • サイトアフィリ・・・ASP広告が収益の柱(アドセンスは向かない)
  • ブログアフィリ・・・アドセンス・ASPの商品

 

そして最近はサイトの中にブログがあるハイブリッドタイプもよく見かけます。企業サイトはこの形が多いです。
その他、ブログとサイトの違いと特徴を深堀りしていきますε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

 

サイトの特徴

サイトとは静的な媒体で、『シリウス』や『ホームページビルダー』などのいわゆる『HTMLサイト』を使って作られることが多いです。

少し前はサイトのことをホームページと言ってましたね!!

サイトアフィリはASP広告が収益の柱でして、アドセンスとは相性が悪いです

理由は、アドセンス広告をクリックしたユーザーはもう二度とサイトに帰ってこない可能性が高いからです。

※ASPはこちらを参照ください↓↓↓
【’19下半期】アフィリエイトASPおすすめ13選|複数登録がマスト

そして、記事数は商品販売ページとそれに関するページが完成するとそこから増えることは基本的にないです。(なので静的な媒体という)

 

もう1点、サイトアフィリは運営者のプロフィールや情報をおもてに出す必要がないので、ユーザーと関わることはほぼほぼありません。

 

ブログの特徴

ブログとは動的な媒体のことで、『WordPress』や『無料ブログ』を使って作ることが多いです。
また、ブログアフィリエイトは、アドセンスとASP広告で収益をあげます。

そして特化ブログと雑記ブログでもマネタイズ方法が少し違います。

  • 特化ブログ(1つのテーマ・ジャンルだけを扱うブログ)・・・アドセンスとブログテーマに関するASPの商品
  • 雑記ブログ(色々なテーマ・ジャンルを扱うブログ)・・・収益の柱はアドセンス

 

アドセンスで稼ぐにはたくさんの安定したアクセスが必要なので、止まることなく記事をどんどん増やしてドメインパワーを強化しないといけません。

そして、ブログアフィリは運営者のプロフィールや情報を全面に出して自分をブランディングするので、ユーザーと関わることが多くなります。

スポンサーリンク

サイト+ブログのハイブリッドの特徴

サイトの中にブログがあるタイプは、HTMLサイトでもWordPressでも作ることができます。

HTMLサイトで作る場合は、記事を増やしていくブログのカテゴリーを1階層下のドメインで運営します。この1階層下で運営するブログはWordPressで作ります。

WordPressで作る場合は固定ページと投稿ページを使います。ページが増えないいわゆる『静』は固定ページ、ページが増えていく『動』は投稿ページで作ります。

サイトの設計図やディレクトリ構造については下記を参照ください。
【内部seo】サイト構造を最適化!ディレクトリ設計図の作り方

ブログとサイトのいいところを掛け合わせたこのタイプは集客と収益が同時にできるので、最近ごっつ見かけるようになってきましたね-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つアヒャーリ

 

アフィリエイト初心者におすすめなのはブログ?サイト?

初めてアフィリエイトにチャレンジする人はサイトアフィリエイトがおすすめです。

理由として、ASP広告はアドセンスより報酬単価が高いので、アクセスが少なくても成約率を高めることでしっかり稼げるからです。

一方、ブログアフィリはアクセス数と収入が比例するアドセンスをメインで稼ぐため、月数十万のアクセスを集めることができないと稼げません。初心者はブログを選んでしまいがちですが、実はこれが罠だったりするんです(;´-`)…。

ちなみに『ペラサイト』もサイトアフィリに分類されます。
ペラサイトにはアフィリエイトの根幹が詰め込まれてるので、初心者はペラサイトから取り組むのもおすすめですよ。

ペラサイトの作り方はこちらを参照ください↓↓↓
【ペラサイトとは?】作り方と稼ぐ方法を公開【目指せ100万円!!】

 

ブログとサイトの使い分けは?

スポンサーリンク

1.記事数

使い分けに決まりがあるわけではないんですが、記事数が1つの基準・目安になります。

サイトで500ページを超えるものはあまり見かけませんが、500ページ超えのブログは結構あります。

サイト設計時に、総記事数が100ページを超える規模ならWordPressを使ったブログ総記事数が100ページ未満ならシリウスを使ったサイト、みたいに使い分けるのもありですよ。

 

2.自分を出すか出さないか

ブログ運営を考える場合、自分をブランディングして売り込んだほうが集客・収益化がうまくいきやすいです。

ブランディングというのは、あなたのファンを増やしていくイメージです。ユーザーはあなたの書く記事はもちろん、あなたに興味があります
なので、ブログ運営は社交的な性格の人が向いてます。

一方、サイト運営に必要なのはファンではなく購買意欲の高いユーザーです。黙々と計画的に記事を書いていける人が向いています。

また、ユーザーと関わりを持つ必要もないので、内向的な性格の人でも何の問題もありません。

 

3.商品単体かジャンルか

扱うのが商品単体の場合は特化サイトになりますし、扱うのが1つのジャンルの場合は特化ブログになります。

例えば、『フルーツ青汁』という商品だけを扱うなら記事数も20ページまでの小規模特化サイトになるだろうし、『青汁』全般を扱うなら数十~数百ページの特化ブログになります。

スポンサーリンク

ブログとサイトの共通点:無料は絶対やめるべき

ブログとサイトに共通するのは、アメブロやライブドアブログなどの『無料ブログサイト』は使わないことです。理由として、

  1. 広告が入る
  2. 規約違反をした場合、警告なしでアカウント凍結・削除のリスクがある
  3. 運営会社のプラットフォームに依存するカタチなので資産にならない

 

やはり一番怖いのが凍結・削除です。朝起きてログインしたらブログがなくなってた、みたいなことになったらマジで死ねます。

なので、ブログにしてもサイトにしても独自ドメインの取得とレンタルサーバー契約は鉄板だと思ってください‼

ちなみに、レンタルサーバーはエックスサーバーミックスホストがかなり優秀なので、国内では完全にこの2択です。

レンタルサーバーについてはこちらをどうぞ ^^) _旦~~
WordPressでブログ書く人のレンタルサーバー比較【おすすめ2選】

 

まとめ

まとめ

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの一番の違いは収益方法

ブログアフィリは、

  • アドセンス
  • ASP広告

サイトアフィリは、

  • ASP広告

アフィリエイト初心者はサイトアフィリエイトの方が稼ぎやすいのでおすすめ!!ブログアフィリエイトに走りがちだがコレは罠!!

ブログとサイトの使い分けは、

  • 記事数
  • 自分を出すかどうか
  • 扱うのが商品単体かジャンルか

ブログ・サイトに共通するのは、無料ブログは使わずに独自ドメインでレンタルサーバーを契約して運営する!!

ってことで、今回も最後までありがとうございましたっ(人∀`●)

 

完全初心者が最短で月5万稼ぐための手順を解説した”アフィリエイト完全マップ”も読んでみてください

 

おすすめレンタルサーバー比較【速くて強くて使いやすい!】
検索順位チェックがSEOで重要な理由【おすすめツールも紹介】

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク